恋に奥手になりすぎても、彼氏との関係はうまくいかないもの。今回は、慎重すぎる女子がフラれやすい理由と、その解決策を見ていきたいと思います。

彼氏ができると不安になっちゃう……



彼氏ができるとすぐに、「もし振られたらどうしよう」「こんなことをしたら嫌われちゃうかな」と不安になった経験はありませんか? よく思われたいという理由で慎重な態度を取りすぎると、逆にフラれやすくなることもあるので気をつけたいところ。では、“慎重すぎる”ことは、なぜ逆効果なのでしょうか?

1. 彼氏が心を開くきっかけができにくい


相手に嫌われることを恐れすぎると、なかなか自分の素直な感情をさらけ出せないもの。「こう言ったら嫌われるかも」「自分の考えを否定されたらどうしよう」と思っているうちは、当たり障りのない定型文のような会話しかできません。

自分が本音を伝えないと、相手も同様に心を開く機会を失ってしまいます。せっかく恋人未満からカップルになったはずなのに、本音で語ってくれない彼女にはガッカリしてしまいますよね。

2. 彼氏の気持ちが休まらない



心を開きづらい関係が続けば、相手は居心地が悪くなるものです。「彼のためにいい彼女でいなくちゃ!」と頑張れば頑張るほど、無理をしている空気が相手に伝わってしまうため、彼氏の気持ちも休まりません。つまり、あなたが「完璧な彼女」を演じるほどに、彼氏がリラックスできなくなってしまうということです。

どんな男性だって、彼女には自分のダメなところをさらけ出せるような安心感を求めます。それを与えられない女性は、結局相手のニーズに答えることができず、フラれやすい傾向があるのです。

3. 素が見えないと、相手はだんだん冷めてしまう



交際期間が長くなり、一緒に過ごす時間が増えるほど「この人だから一緒にいたいと思えるか否か」が大切になってきます。自分はラブラブのつもりでも、ある日突然彼氏から「ごめん、別れよう」と別れを告げられたことはないでしょうか? 時間が経っても相手の本心が分からなければ、わざわざこの子と付き合う意味がないと思われても仕方ありません。「これはどう思う?」「どっちがいいと思う?」と聞かれても、誰でも言えるような当たり障りのないコメントしか返ってこなければ、彼氏の心も冷めていってしまうのです。

大切なことは、世間一般的に「いい彼女」を演じるのではなく、あなたにしかない価値観や魅力を大切にすることです。

嫌われることを恐れず、自分の思いを大切に!



では、慎重すぎる女子はどうすればいいのでしょうか? なによりも大切なのは、今の彼氏から嫌われることを過度に恐れないことです。自分の本音や意見を言って、相手から否定されたり批判されたとしても、それはあなたが悪いわけではありません。

カップルは相性が大切。意見が違うことも認め合い、尊重しあい、コミュニケーションを取れる相手は必ずいるはずですから、あなたの意見はストレートに伝えてもいいのです。それをはなから否定するような彼氏は、早かれ遅かれ別れることになるはずですから、自分を曲げてまで相手に同調する必要はないですよね! まずは自分の思いを大切に、自然体でいることができる相手を大切にしましょう。
(ヤマグチユキコ)