「自分を含め個の力が足りない。もっと練習するしかない」。敗れた中村俊輔はそう語って唇を噛み締めた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[J1 11節] ジュビロ磐田 0-2 川崎フロンターレ 2017年/5月14日/ヤマハ
 
【磐田 0-2 川崎PHOTO】阿部の2戦連発弾で川崎が今季初の連勝を飾る!

 「シュート数は相手より多く、決定機も作れていたと思うが……結果につなげられなかった。ホームで勝てなかったことは、自分を含めて、前の選手に原因がある」
 
 敗れた川崎戦後、中村俊輔は厳しい表情でそのように試合を振り返り、自分自身の力不足を敗因のひとつに挙げた。
 
 また、スローインから抜け出した川又堅碁がGKとの1対1で止められ、横パスをつないでフリーで受けたアダイウトンが決定的なシュートを外した。縦に変化を付けることが難しい展開のなか、狙い通り横の揺さぶりから崩したシーンだっただけに、「あそこを決め切らないと勝てない」と悔やんだ。
 
 そして中村俊らしい独特の言い回しで、磐田の現状を語った。
 
「すべてを手に入れようとすると、自分たちの良さが出なくなる」
 
 名波浩監督は前から向かって行く姿勢を評価してくれていたと言う。その指揮官の期待に応えるためにも、「自分を含めて個の力が足りない。すぐにでも練習したいです」と唇を噛み締め、真剣な表情で語った。
 
 次節は再びホームで、今度は柏を迎える。「若い選手が多く、前線に外国人選手がいて、5連勝中と勢いがある。挑戦者の気持ちを忘れず、今日以上のプレーの質、アグレッシブさを出さないといけない」と気を引き締めていた。
 
 この日の中村俊は、CKからアダイウトンの決定的なヘディングシュートを演出し、惜しい直接FKも放った(ファーサイドでぐっと落ちる軌道を狙ったもののゴール中央のバー付近に飛び、チョン・ソンリョンにセーブされた)一方、勝負どころでのボールロストもあった。藤川虎太郎、山本康裕に続き、途中出場で決死のクリアをした太田吉彰の負傷(大腿部を痛めてわずか6分間で途中退場)も気掛かりだ。
 
 だからこそ、10番の左足への期待が一段と膨らむ。そして今季の中村俊は、そういった期待に応える輝きを放ち続けてきた。柏戦も指定席はすでに売り切れた。スタンドを埋めた満員のサポーターの前で、どのように巻き返した姿を見せるのか――。磐田と中村俊輔の逆襲に注目をしたい。
 
 川崎の中村憲剛は、少なからず課題は見えたものの相手との駆け引きで上を行き、勝利を収められたことに手応えを得ていた。
 
「前半の途中からパスが通り出し、『行ける』と感じた。ジワジワと相手を動かしていければベストだったが、後半、点が取れそうだというイメージをみんなで持てていた。実際、少しずつスペースが空いたところで、阿部(浩之)ちゃんがゴールを決めてくれた」
 
 そう振り返った中村憲だが、立ち上がりの押し込まれたと言える時間帯も「決して苦しくなかった」と感じていたと言う。
 
「(前半は攻め込まれていたようだが)苦しいというイメージは、あまりなかった。最近、前半はいつも難しい。ただ途中からカウンターの芽も潰せて、いつも通りと言える展開に持ち込めた。ボールをキープできるようになり、どうやって崩していこうかということを考えられた」
 
 苦しい時間を耐えて、そして自分たちが握った試合のイニシアチブを、その後は一度も譲らなかった。確かに”90分間の流れの作り方”で言えば、川崎に一日の長があった。
 
 とはいえ、やはり川崎の司令塔も決して満足はしていなかった。
 
「ボールを持てば取られず、相手が食いついてきたところを突けた。欲を言えば切りがないが……もっと向上できる。次は鹿島戦。イースタン戦(ACL、4-0勝利)からの良い流れで準備をして臨めると思う」
 
 勝ったこと、ではなく、次の試合に勝つこと。二人の中村はさっそく、過去ではなく未来に目を向けていた。
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)