【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、前日発射したミサイルについて、中距離弾道ミサイルの「火星12」の発射実験に成功したと報じた。
 同通信はミサイルについて「発射したロケットは予定された飛行軌道に従い、高度2111.5キロまで上昇、787キロの先の公海上に設定した目標水域を正確に打撃した」と報道した。
 また「金正恩(キム・ジョンウン)同志が発射実験を現地指導した」と伝えた。
 北朝鮮は14日早朝、北西部の平安北道亀城付近から東北東に向けて弾道ミサイル1発を発射した。