好きなの?それとも下心?「酔って連絡をしてくる男」の本心

写真拡大



お酒に酔った状態で電話やLINEをしてくる男性って、一体どういう心境なのか、女性としては気になってしまいますよね。

しかも、それが気になっている男性だったりしたら、さらに本心を知りたくなるものでしょう。

そこで今回は、「酔って連絡をしてくる男」の本心を紹介します。

■1.酔った勢いで「アタックしたい」

「酔っ払うと気が大きくなるし、勢いもあったりするから、そのまま好きな女の子を口説いたりしちゃうこともありますね。まあ、うまくいくことはほぼないですけどね…」(25歳/男性/営業)

好きな女性がいるけど、なかなかアタックする勇気が出ない。そんな状態が長く続くと、悶々とした思いを抱えてもしまいやすいもの。だからこそ、酔っ払ってしまったときに、その思いが爆発してしまうこともあるのでしょう。酔った勢いで無意識に好きな女性に電話をかけてしまっているという男性も、意外と少なくないですよ。

■2.好きだから「声」が聞きたくなった

「酔っ払って気分が良くなると、好きな女の子の声が無性に聞きたくなりますね。酔った勢いもあるから、夜中なのについ電話しちゃうこともあったりします」(27歳/男性/IT)

お酒に酔うと、気が大きくなったり楽しい気分になったりして、とても心地が良いもの。そんなときには、好きな女性の声が聞きたくなったりもします。酔っていると恐怖心が薄れたり強気にもなれるので、そのまま電話をかけてしまうのでしょう。あなたも気になっている男性からの電話だったなら、あまり冷たくせずに軽く話に付き合ってあげてくださいね。

■3.酔って「人恋しくなった」

「お酒を飲んだ後の帰り道とかって、なんかすごく寂しい気持ちになるんですよね。そういうときは、とりあえず誰か女の子に電話して、ムダ話とかしちゃいます」(28歳/男性/商社)

酔っ払うと、人恋しくなるという男性は少なくありません。すごく楽しい飲み会だったりすると、余計にひとりの帰り道が寂しくなったりもしやすいです。なので、飲んだ後の帰り道で、女性に電話をかけまくっているという男性は結構いたりします。ただ寂しさを紛らわすだけの電話の可能性も高いので、迷惑なのであれば相手にしない方がいいかも。

■4.「エッチ」がしたくなった

「酔うとちょっとエッチな気分にもなるので、つい女の子に連絡しちゃうこともありますね。あわよくばみたいな考えがあって、電話してみたりしちゃいます」(26歳/男性/WEBデザイナー)

お酒に酔うと開放的な気分になり、エッチなスイッチも入りやすいです。その欲望が抑えきれなくなると、女性に電話をかけて誘い出そうとする男性もいます。酔っ払った男性から「今から飲もうよ」とか「家に行ってもいい?」なんて言われた場合は、かなり気をつけるべき。下心だけで動いている状態の可能性大なので、むやみに相手にしないようにしましょう。

■おわりに

酔って連絡をしてくる男性の本心として、色んなケースが考えられます。下心全開の場合もあるので、勢いに流されてしまわずに、話を聞いてしっかりと真意を見抜くことが大事ですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)