この子が彼女でよかった…!お疲れの彼への「ほっこり癒やしテク」

写真拡大



仕事を頑張っている彼、なんだかお疲れ気味の彼に、なんて声をかけてあげたらいいか迷うことってありませんか?定番の「お疲れさま」以外にも、彼に「頑張ろう!」と思ってもらえたり、「癒されるな」と感じてもらえるようなねぎらい方をしてあげたいですよね。そこで今回は、お疲れ気味の彼を喜ばせる4つのねぎらい方をご紹介します。

■1.「頑張ってるね!」とほめる

男性は自尊心をくすぐられるのが大好き。自分の頑張りをほめられると喜ぶ人が多いものです。あなたから「いつも頑張っているよね。すごいね」とほめられれば、自分の頑張りを認めてくれていると感じて嬉しくなるのです。努力を認めてもらえると、彼は嬉しくなって「また頑張ろう!」と思えるはず。いつもの「お疲れさま」というセリフとセットで簡単に伝えられるので、頑張っている彼に対しては頻繁にほめてあげてくださいね。

■2.「無理しないでね」と気遣う

仕事で疲れているときにかけられる優しい言葉は心に染みるもの。頑張っている彼の体調を気遣った「無理しないでね」というセリフは、彼の心と疲れた体を癒すことができるでしょう。そして、疲れたとき、つらいときも自分のことを気遣い、支えてくれる優しいあなたのことをいとおしく感じて、大切にしようと思ってくれるはず。セリフにプラスして、料理を作ってあげたり、なんかもいいかもしれません。自分が疲れたときにしてもらって嬉しかった気遣いで、彼を癒してあげてくださいね。

■3.優しくハグをする

「疲れた…」と話を聞く余裕もないほど疲れ果てている彼には、何も言わずに優しくハグをするのがおすすめ。大好きな彼女にハグをされて、嬉しくない男性はいませんよね。自分の疲労具合を理解した上で、ただ寄り添ってハグをしてくれることに、彼は安心感を覚えてホッとできるんです。触れ合うことで彼を癒やすことができるのは、彼女であるあなただけ。彼が疲れて口数が少なくなってしまっているな…と感じたら、優しくハグをしてあげてくださいね。

■4.プチ旅行を提案する

心身共に疲れているときは、何を言われても話がなかなか頭に入ってきません。だからといって、自分が積極的に話をする気にもなれないですよね。そんなときは、彼に旅行を提案してみましょう。「計画や予約は私がするから!」と彼の負担を減らしてあげれば、「旅行のために頑張ろう!」と彼の気持ちを奮い立たせることができるはず。お疲れモードの彼には、動き回るアクティブな旅行ではなく、近場でゆったりプランや、自然豊かな場所でゆっくりと過ごせる場所を提案するといいでしょう。連休やふたりの休日が合いそうなら、ぜひあなたプロデュースの旅行で彼をねぎらってみてはいかがでしょうか?もちろん、彼が寝ていたい…というときは無理強いしないように!

■彼を元気にしよう

ワンパターンな「お疲れさま」というセリフから、ちょっとレベルアップしたねぎらい方をしてみて。工夫をこらしたねぎらい方で、彼を元気にしちゃいましょう。(sa_ko/ライター)

(ハウコレ編集部)