この子とは合うかもしれない!?男性が「相性がいい」と感じる瞬間

写真拡大



不思議と「相性がよさそう」と感じた相手のことは、なんだかだんだんと気になってきてしまうもの。

男性だって、「この子とは気が合うかも」と感じたら、自然と意識もするようになるのです。

そこで今回は、男性が「相性がいい」と感じる瞬間を紹介します。

■1.「時間」が早く感じる

「一緒にいると、あっという間に時間が経ってしまうような女の子には、相性の良さを感じますね。話していてもすごく楽しいから、本当に飽きないですしね」(27歳/男性/建築)

楽しい時間は、驚くほどあっという間に過ぎてしまうもの。それがわかっているからこそ、一緒にいると時間が経つのが早い=その女性は相性の良い、と感じるのです。ときには、「もうこんな時間なんですね」とか「楽しい時間ってあっという間だな」なんてつぶやいてあげると、男性もドキッとするかも。時間がすぐに過ぎることをアピールするのは、効果もかなりありますよ。

■2.「嫌いなモノ」が一緒

「アウトドアが嫌いとか、苦手な人が一緒だったりすると、かなり意気投合できる気がする。話も盛り上がるし、考え方とかも似ているのかなって思っちゃいますね」(32歳/男性/メーカー)

好きなモノが一緒であることも大事ですが、実は「嫌いなモノ」が一緒の方が、よりウマが合ったりもするものです。根本的な価値観や考え方が似ている可能性も高いので、打ち解ければ一気に距離も縮まりやすいはず。気になる男性とは、嫌いなモノの共通点をそれとなく探してみるのも、ひとつのポイントかもしれません。

■3.「話」の腰を折らない

「こっちの話を遮らずに、ちゃんと最後まで聞いてくれる女性には、好感が持てますね。話の腰を折られると、それだけでなんか噛み合っていない感じがするし」(28歳/男性/美容師)

自分の話を最後まで聞いてくれる女性のことは、それだけで男性は好感が持てるもの。逆に、話の腰を折って、自分の話ばかりをしてくるような女性には、「この子、合わないな」と感じてしまうでしょう。しっかりと話を聞いてあげて、リアクションもちゃんと取ってあげる。さらに、多少の質問なんかもしてあげると、話していて楽しい相手、そして相手も楽しんでくれていると男性は感じるので、相性の良さも感じてもらいやすいですよ。

■4.言わなくても「わかってくれる」

「細かく口に出して言わなくても察してくれる女性だと、ちょっと運命を感じちゃいます。彼女とかにするには、こういう子がいいなって思う瞬間でもありますね」(27歳/男性/IT)

いちいち口に出して言わなくてもわかってくれる女性。これこそが、男性が「相性がいい」と一番強く感じる女性であるでしょう。自分と価値観が似ていたり、自分のことをしっかりと理解してくれているからこそできること。男性からすると、まさに“理想のパートナー像”でもあるので、恋愛対象としても意識してくれるようにもなりやすいのです。

出会ったばかりだとまだ「察する」ことは難しいかもしれませんが、共感の表し方に工夫したり、彼の様子を観察して、「メニュー見る?」と声をかけたりとしてみるのもいいでしょう。

■おわりに

「相性がいい」と感じる女性のことは、男性も他の女性とは違った存在だと感じるもの。必然的に、恋愛対象にもなりやすいですし、付き合い始めてからの結婚を意識する要素としても作用しますよ。(山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)