日本の生活を楽しんでいるように見える中国人留学生だが、心の中は?(写真はイメージ)


 日本に留学する中国人は9万人を超えており、全留学生の半分近くを占めている。一部の日本人からは「日本の大学が乗っ取られる」「高度な技術が盗まれる」などといった声も上がっているが、その実態を知ればそんな心配は無用だろう。

 ここ30年ほどの間に、中国人留学生の気質は大きく変わった。1980年代の初頭、中国が改革開放路線に舵を切った直後に日本に来た留学生は極めて少数であり、彼らはまさにエリートだった。

 貧しい中国人が自費で日本に留学できる時代ではない。ほぼその全てが日本国政府から奨学金を得ての留学だった。選抜は中国で行われたが、多くの人が殺到したために選ばれるのは極めて難しく、本当の秀才しか日本に来ることはできなかった。

 1990年代に入ると中国の経済成長に伴い、自分で渡航費を用意して日本に来るケースも増えた。彼らは郷土の先輩や友人が住むアパートに転がり込んで、アルバイトをしながら日本の大学や専門学校で学んだ。その頃は、6畳一間のアパートに3人が住んでいるなどといった話をよく聞いたものだ。

 1989年に起きた天安門事件の影響もあった。事件に直接関与して逮捕された者などは米国に亡命するケースが多かった。天安門事件後に中国に住みづらくなったという理由で日本に留学する学生もいた。彼らは必死で勉強して、日本で就職先を見つけようとした。そして、実際に日本で働き口を見つけた人も多かった。

 やがて中国が世界第2位の経済力を持つようになると、親の財力によって日本に留学しにくる学生が増えた。中国からの留学生は苦学生──そんなイメージは、この15年ほどの間に大きく変わった。特に爆買いが話題になった頃からは、裕福な学生が増えた。親からの仕送りだけで都内のマンションに住み、大学に通って来る。バイトもしない。日本人学生よりもリッチ。そんな留学生が増えた。

 中国が豊かになるにつれて、留学生の容貌も大きく変化していった。おぼっちゃん顔、お嬢さん顔が増えた。髪を振り乱して、眦(まなじり)を決して勉学に励む、そんな学生は消え失せてしまった。なんとなく、東京での遊学を楽しんでいる。そんな風情である。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

超学歴社会からの逃亡

 もはや、中国人留学生は中国のエリートではない。それは、中国が経済発展を遂げるとともに“超学歴社会”になってしまったことと無関係ではない。科挙の歴史を持つ中国では、偉くなるためには、国家が認める試験に合格しなければならない。現在、その一部を大学入試が担っている。中国でエリートになろうと思ったら、北京大学や清華大学などに進学しなければならない。その入試はとても難しい。

 もっと切実な事情もある、18歳人口の約半数が大学に進学するようになった現在、数多い中国の大学は見事に序列化されてしまった。その結果、どの大学のどの学部を出たといっただけで、その人の将来が見えるようになってしまったのだ。

 日本に来ればその序列から逃れることができる──。多くの留学生がそのように考えているようだ。

 留学生たちがそのように考えるのは、今から20〜30年前に日本に留学した人々が中国でそれなりの地位に就いているからだ。そのために親も子も「中国では良い大学に入ることができなかったが、日本の大学や大学院に学べば良い未来が開けるのではないか」と考えている。

 しかし、現実は甘くない。そもそも、20年から30年前に日本に留学してきた人々は、元々優秀であり、かつ非常にまじめに勉学に励んだ。その結果、高い学力を身に付けて本国に戻り、出世したのだ。中国の名門大学に入ることができなかったために、親の財力で日本に来て、遊んでいたわけではない。

中国に戻っても日本に残っても前途多難

 そして、中国経済に暗雲が漂い始めた。よく中国バブル崩壊と言われるが、若者の就職事情を見る限り、たしかにバブルは崩壊し始めたと言ってもよいだろう。

 留学生の話を聞いていると、中国に戻っても良い就職口を見つけることは非常に難しいようだ。北京大学や清華大学を出ても、親や親戚に共産党の有力者がいない限り、条件のよい職場に就職するのは難しくなっている。

 北京や上海で、初任給が5000元(約8万円)の職場が見つかればよい方である。だが不動産価格が高騰しているため、5000元ではその多くが部屋代に消えてしまう。現実的には、親元から通勤するのでなければ北京や上海では働けないという。

 地方都市で就職を探すと、ホワイトカラーでも月給が3000元(約4万8000円)程度のケースが多い。「3000元は農民工の月給だ。そんな額では大卒のプライドが許さない」。留学生は真顔で言う。

 現在、日本に留学してくる学生の親は40代後半から50代前半である。彼らは中国の高度成長の波に乗って豊かになった。そして、一人っ子政策のせいで1人しかいない子供には高い教育を受けさせて、中国社会のエリートになってほしいと思っている。

 だが、多くの人がそのように考えるようになった現在、北京大学や清華大学に入れない子供を日本に留学させても、その夢をかなえることは難しい。

 中国に戻っても豊かになれないと考える留学生は、日本での就職を考える。折しも日本は人手不足なので、日本での就職は難しいことではない。ただ、多くの場合、親は一人っ子が日本で就職することを望んでいない。

 そして、日本に留学して来る学生は日本好きが多いのだが、日本と中国の間には尖閣諸島など多くの対立点があり、日中関係が険悪であることも知っている。日本で就職することはできても、完璧な日本語を話すことも書くこともできない。若年労働力としては使えても、管理的な職業には向かない。日中関係が良くない中で、長く日本にいても出世できる見込みはないだろう。

 中国人留学生は親の仕送りで日本での生活をエンジョイしているのだが、将来を考えると憂鬱になってしまうのだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:川島 博之