仕事の情報収集は、実はスマホよりPCのほうがいい

写真拡大

マッキンゼーで14年間活躍、ベストセラー『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』著者が、「入社3年目までに」身につけたいポイントをわかりやすく解説する。今回は、日々の情報収集の効率的なやり方について。

毎日の情報収集は
「自宅で朝晩30分」がいい

 仕事ができるようになることは、多くの人にとって、かなり重要な目標の一つだろうと思います。

「いや、私は仕事はどうでもいい。生きるため、趣味を楽しむための必要悪」と言う方もいらっしゃるかもしれません。ただ、この本を今読んでいる方は、きっともう少し前向きにとらえておられるのではないでしょうか。

 そこでぜひおすすめしたいのが、「朝晩30分」の情報収集です。

 これは、自分の仕事に関係のあること、今関心のあることなどを、あとで述べるGoogleアラートに登録して、毎朝送られてくる情報を朝晩30分に集中して読む方法です。

 そういうふうにすると、競争状況や業界動向、成功・失敗事例などをすべて把握でき、仕事がより確実に、よりうまく進みます。

 朝晩30分は、自宅での出社前、帰宅後の30分ずつを指します。

 本来、情報収集は仕事の一部として勤務時間内にしてもいいのですが、会社のパソコンで日中に記事を読むのはかなり落ち着かないので、自宅がおすすめです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)