ペットのモルモットを電子レンジで加熱した女(出典:http://www.dailystar.co.uk)

写真拡大

動物虐待のニュースはあとを絶たないが、またもや胸を締め付けられるような出来事がブラジルで起こった。16歳の女が自分の飼っているモルモットを電子レンジに入れ加熱している様子を動画に投稿したのだ。ネットユーザーからは怒りの声が殺到し、英メディア『Daily Star』では「何て、ろくでなしだ!」と見出しを付けて伝えている。

自分が愛情を注ぐために飼ったであろうペットのモルモットを電子レンジに入れて加熱したのは、ビトリア・ミュラー(Vitoria Muller)という16歳の女だ。ビトリアはその様子を動画に収め、SNSに投稿した。動画では加熱して数秒後に慌てふためくモルモットの姿が捉えられていた。

ビトリアは何人かの友人の言葉に乗せられてこの行為に及んだようだ。しかしSNSでは「ペットを調理するなんて信じられない」「何という、ろくでなしだ。小さな動物を虐待してまでフォロワーが欲しいのか」などと怒りの声が続出し、「#PunicaoParaVictoria」(ビトリアに処罰を)というハッシュタグまで拡散した。

自身の行った行為がいかに非道なことだったと気づいたのか、ビトリアはSNSのアカウントを削除した。ビトリアの父親もSNSで「娘はこの非道な行為を犯したことによる処罰を受けました。モルモットは無事です。家族みんなできちんと世話し、決して二度とこのようなことを起こしません」と謝罪している。

警察ではそのモルモットを保護し動物病院で診察したが、幸いにも負傷している様子はなかったという。

ペットを虐待するとんでもない飼い主といえばイギリスでは昨年、飼っているヘビの頭を切り落とした泥酔女が懲役4か月と執行猶予2年、5年間のペット飼育禁止を命じられていた。

出典:http://www.dailystar.co.uk
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)