6節の磐田戦同様、今節も“決勝点”を挙げた金井。こぼれ球を泥臭く押し込み、勝利の立役者に。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

[J1リーグ11節]横浜 1-0 甲府/5月14日/ニッパツ

 前半終了間際、セットプレーのチャンスにデゲネクが打点の高いヘッドで狙う。これは相手GKに阻止されたが、こぼれ球に素早く反応した金井貢史が、左膝で押し込んでネットを揺らした。
 
「シュートのこぼれ球を狙うのは、基本中の基本。ゴールにつながって良かった」
 
 昨季はシーズンを通じ、リーグ戦ではノーゴールだった。しかし、今季はすでに2得点を記録。1点目は6節・磐田戦(〇2-1)での鮮やかなコントロールショットだったが、今回の泥臭いゴールのほうが「個人的にはけっこう好き」という。
 
 磐田戦でも、今節の甲府戦でも、自らのゴールが決勝点となった。左SBながら決定的な仕事もこなす背番号13は、この日のマッチデープログラムの表紙を飾っていた。
 
“大役”を引き受けたゲームで勝点3をもたらす活躍を見せた金井は、「勝てて良かった」と安堵しつつ、充実の笑顔を浮かべていた。

【横浜1-0甲府 PHOTO】金井の一撃で横浜がリーグ4試合ぶりの白星を挙げる!
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)