北京航空航天大学が開発した「月宮1号」実験室が10日に再稼働し、1年間の「月宮365計画」と呼ばれる実験を開始した。

写真拡大

北京航空航天大学が開発した「月宮1号」実験室が10日に再稼働し、1年間の「月宮365計画」と呼ばれる実験を開始した。月宮1号は中国初、世界3番目の宇宙基地生命保障地上総合実験装置。同計画は365日間にわたり、多人数で密閉度の高い環境において、生物再生生命維持システムの総合実験を行う。これは世界最長の、密閉度の最も高い実験となり、宇宙飛行士に向け、密閉度の高い環境における再生生命維持システムを構築する。人民日報が伝えた。

月宮1号のチーフデザイナー・首席科学者、北京航空航天大学生物・医学工学学院教授の劉紅氏によると、月宮1号は地球環境と同じ小型生物圏で、宇宙飛行士が地球から遠く離れた宇宙で長期生活するという目標を実現する。これは1つのメインルーム、2つの植物ルームからなる。総合ルームには居住用の部屋、人員交流と勤務用の部屋、トイレ、ごみ処理・昆虫の部屋が含まれる。植物ルームは各種植物の成長の需要に応じて、環境条件を個別で制御できる。

今回の実験期間は365日。志願者は8人で、2チームに分かれる。Aチームが60日間、Bチームが200日間にわたりこの施設の中で暮らし、それからAチームが後を継ぎ、さらに105日間暮らす。第1陣の志願者である劉慧氏によると、今回の実験期間は大幅に延長され、これまで栽培されたことのある植物に加え、じゃがいもやナスなどの品種が選ばれているという。

月宮1号の中核をなすのは、生物再生生命維持システム(BLSS)だ。これは世界で最も先進的な10大重要技術のうち、その優先度が最も高い。有人宇宙船を宇宙に送り込めば、地上からの物資補給をまったく、もしくはほとんど必要としないことが特長だ。酸素、水、食料はシステム内のバイオ技術により再生される。宇宙飛行士は長期的に船内で勤務・生活でき、長期間の有人宇宙・惑星探査が可能になる。(提供/人民網日本語版・編集YF)