10の質問でわかる【オススメの占い】もしあなたが占いを学ぶなら……?

写真拡大

 占い好きな人ならきっと、自分でも占えるようになりたいと思ったことがあるでしょう。手相やタロットなど、占いにはいろいろな種類があって、それぞれに特徴があり、向いている人とそうでない人がいます。もし占いを学ぶなら、どんな占いがあなたに向いているのでしょうか?

 以下の中で、あなたに当てはまるものがいくつあるか、数えてみてください。

□友達の誕生日は覚えている
□日記を書いている
□夢はあまり見ない
□両手とも、人差し指より薬指のほうが長い
□朝型
□学校の成績はいいほうだった
□長年続けている趣味がある
□毎月5冊以上本を読む
□世間話は苦手
□なにかをコレクションしている

 あなたはいくつ当てはまりましたか? では、結果を見ていきましょう。

■0〜3個……手相や人相
 あなたは、今目の前にあるものに集中するタイプでしょう。そんなあなたには、手や顔を見たままに占う、手相や人相占いが合っています。練習方法も、教科書を覚えるよりなにより、多くの人の手や顔を見ること=実占が大事です。たくさんの人に会い、さまざまな手と顔を見るうちに、未来が見えてくるようになるでしょう。

■4〜6個……タロット
 インスピレーションと直感に優れたあなた。オススメの占いは、タロットやトランプなどのカード占いです。古来、カード占いは、インスピレーションと霊感をもたらしてくれる占い師のツールとして使われてきました。あなたがもしクリエイティブな仕事をしているなら、カード占いで、創作のインスピレーションも得られるでしょう。

■7〜8個……数秘術、易
 論理的思考ができるあなたには、数に秘められた力を読み解いて占う、西洋占いの数秘術、あるいは偶数と奇数の並びで出てくる64の卦から森羅万象を占う東洋占いの易をオススメします。自力で運命を切り開きたい人には数秘術が、世界の宿命と運命を知りたい人には易が、人生を導く、最善のツールとなってくれるでしょう。

■9〜10個……四柱推命、西洋占星術
 あなたのような人にこそ学んで欲しい占いがあります。論理的、理知的で、忍耐強く学び続ける力を持っているあなたなら、東洋占いの四柱推命、西洋占いの西洋占星術を自分のものとすることができます。この2つの占いは、ちょっとやそっと、数カ月では使いものになりません。その広大な世界観と深さが最高におもしろいのです。

 プロの占い師は数種類の占いをマスターし、実際の鑑定でも2種類程度の占いを駆使して、結果を導き出します。占い好きならいずれは、占ってもらう側から、占う側になってみてはいかがでしょうか。
(高橋桐矢)※画像出典/shutterstock