これって「運命の恋」かもしれない……。そんなふうに、彼との運命を感じる瞬間ってありますか? 映画やドラマのように「この人だ!」と思うこと、女性なら憧れますよね。実は恋する乙女だけではなく、男性たちも「運命の恋かも」と感じることがあるそうです。今回は、男子が運命を感じる瞬間をご紹介します!

もしかして? 男子が「運命の恋」を実感する5つの瞬間

1. 連絡しようとしたらタイミングが合う

「なにしてるかな、ちょっと連絡してみようかな」と考えているときに、偶然その女性から連絡がきた瞬間。連絡のタイミングが重なると「え……! これってテレパシーじゃない?」みたいな運命を感じるという声も! 運命の相手とは連絡のタイミングが重なることがあるのかもしれません。

・ 「彼女に連絡してみようかな、と思っている矢先にLINEがきたりすると『おお、運命』って感動しちゃう」(31歳・会社員)

・ 「今ごろなにしてるかな〜と、彼女のことを考えているときに偶然連絡がくると、なんか運命みたいなものを感じます!」(32歳・メーカー勤務)

連絡しようとするタイミングが一緒って、なにかの「縁」ですよね。

2. 好きなものがまったく一緒だと判明

誰もが好きなものはおいておいて、ちょっとツウな趣味や好みが「私も一緒!」と一致すると「え……運命かよ」になるという声もありました。まわりには理解されないのに、好きなものが合致という共通点に「この子は特別だ」とほれちゃうことも!?

・ 「ちょっとマニアックな音楽が好きなのですが、彼女も『私もこのバンド好き!』とか。万人受けしないのに共通点があると、運命を感じてしまう男子は多いはず」(33歳・自営業)

・ 「今の奥さんと付き合うきっかけになったのが、趣味が合うから! 彼女のデスクに僕が大好きな作家の小説が置いてあるのを見て『もしかして好きなの?』という会話から始まった恋です」(34歳・通信会社勤務)

彼が好きなもの、こっそりチェックして詳しくなっておくべきかも。

3. 約束してないのに街で遭遇

とくに約束していないのに、偶然街で会った! そんな瞬間も「なにかの運命かも」と思うことがあるそう。しばらく会っていないのに、街でばったり再会して運命を感じてしまう……これは男女共通にありそうですよね〜。

・ 「数年会っていない女友だちと街で偶然ばったり。それが2回ほど続いたので、食事に行くことになって付き合い始めました」(29歳・アパレル勤務)

・ 「彼女と約束していないのに、繁華街でばったり会ったことがある。うれしいし、なんか『やっぱりこの子なんだな』と運命を感じてしまう」(32歳・会社員)

ばったり会ったことありますか? これを機に特別な感情を持ってしまうかも。

4. 価値観が一致している

たとえば、一緒に映画やテレビを観ているときに「これって○○だと思うよね」と意見が一致したとき「やっぱ運命だな〜」とじんわり感じるという男性も。考え方が似ていることも運命の人を思わせるポイントになるそうです。

・ 「考え方が一緒だな〜と思うとき。映画を観たあとの感想とか、基本『合うな』と思う女性には運命というか、特別な感情を持ってしまいます」(33歳・商社勤務)

・ 「会話していて価値観が合う瞬間に『こういう女性に出会えて幸せだな〜』 と感じる」(29歳・美容師)

彼の考え方と似ているあなた、運命の恋かもしれません!

5. 笑いのツボが一緒だった

面白いと思うもの、人それぞれ少しずつ違うものですよね。おなかを抱えて笑うほど「ツボ」なものが一緒だった瞬間に「これは運命だ」と感じるという意見も目立ちました! しかも「これは面白くないよね」も一緒なら、笑いが絶えない楽しいカップルになれそう。

・ 「お笑いの番組を観ていて、おもしろいと思うネタがまったく一緒だったりすると『この子といたら絶対楽しい!』ってなります」(30歳・IT関連)

・ 「一緒におなかを抱えて大笑いできるツボが合う女性と出会えると『これは運命に違いない』と思ってしまう(笑)」(32歳・飲食店勤務)

まあまあ面白いとかもあるけど、大笑いするタイミングが一緒だと運命感じちゃう……?

運命の恋を信じるのは女性だけ、と思いきや男性たちも「これは!」と感じる瞬間が。これだけ「あう」ものがあると、なにか特別な縁を感じてしまうのも納得……。とくに、共通点があると一緒にいて心地よいという声もあるので、彼に運命を感じさせるために意識してみてはいかがでしょうか?