GK波多野豪、世界大会の個人目標は「世界一のGKになること」《U-20W杯》

写真拡大

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は14日、翌15日にエコパスタジアムで行われるU-20ホンジュラス代表との国際親善試合に向け、静岡県内の練習施設でトレーニングを行った。

▽練習終了後、GK波多野豪(FC東京)がメディア陣のインタビューに応対した。GK3人で無失点に抑えられる良いチームワークを作っていきたいと主張。また、本大会へ「世界一のGKになる」と大きな目標を打ち立てた。

◆GK波多野豪(FC東京)

(C)CWS Brains,LTD.


──コンディションはどうか

「良いですね」

──AFC U-19選手権は観ていたか

「観てはないですけど、結果はこまめに見ていました」

──本大会でメンバーに選出されたが

「素直に嬉しいですし、正直今まで携わってなかっただけに本当に選ばれて良いのかというのはありますけど、僕がやってきたことが認められたということだと思います。監督の期待に応えられるように頑張りたいです」

──J3で試合に出場してどのようなところが評価されたと思うか

「自分は高さがあるので、ハイボールですね。あとはルヴァンカップで出場した時に内山(篤)さんが来ていて、シュートもまあまあ止められたのでそういったところが評価されたのかなと思います」

──ジュニアユース時代からGK山口瑠伊(ロリアン)と競い合ってきたがずっと意識はしていたか

「(山口)瑠伊とはユースでも少しだけ一緒にやってきてましたけど、お互い頑張ろうという話をしていました。こうやってまた同じチームメイトとして世界相手に戦えるということは素直に嬉しいです。あとGK小島亨介(早稲田大)もいるので無失点に抑えられるような良いGKのチームワークを作ってチームに貢献していけたらなと思います」

──合宿前にFC東京のチームメイトと食事に行っていたがなんと声をかけられたか

「頑張ってこいよとシンプルに言ってもらいました。まあ林(彰洋)選手からは『お前は出れねーよ』といじられました(笑)。そう言われるからには絶対に出て優勝して帰りたいなと思います」

──FC東京には歴代優秀なGKが多いが、これからどんなところを伸ばしたいか

「林選手も大久保(択生)選手も特徴がありますし、そういったところを盗んでいければ自分ももっとスーパーでビックになれると思うので、良いお手本がいるので日々の練習をもっと自分のスキルアップや成長のために使っていけたらと思います」

──明日のホンジュラス戦は何を意識するか

「まずは勝ちにこだわってその中で自分のやらなくてはいけないことをしっかりやって、無失点に抑えて勝てれば良いかなと思います」

──本大会の目標は

「世界一のGKになるということですね」