DF冨安健洋、本番直前のホンジュラス戦へ「無失点に抑えることが第一」《U-20W杯》

写真拡大

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は14日、翌15日にエコパスタジアムで行われるU-20ホンジュラス代表との国際親善試合に向け、静岡県内の練習施設でトレーニングを行った。

▽練習終了後、DF富安健洋(アビスパ福岡)がメディア陣のインタビューに応対した。DF中山雄太(柏レイソル)との連携については合わせていかないといけないと主張。また、明日のホンジュラス戦で海外チームとの対戦感覚を取り戻して本大会に臨みたいと語った。

◆DF冨安健洋(アビスパ福岡)

(C)CWS Brains,LTD.


──コンディションはどうか

「良くもなく、悪くもなく普通ですね」

──昨季からプロの舞台を経験して手応えは

「去年はJ1で、今年はJ2ですけどJ1とJ2はレベルが違うなというのは感じています。その中で出来たなと思う試合もあれば出来なかった試合もあるので、そういうところはまだまだかなと思います」

──見えてきた課題は

「J2はどうしてもJ1の時よりロングボールが増えてきます。そこで相手のターゲットになるような選手に対して競り勝つことがまだできていないので、そこは課題だと思います」

──磐田戦ではDF中山雄太(柏レイソル)とセンターバックを組んだが連携は深まってきているか

「(中山)雄太くんとやるのも久々ですし、雄太くんはレイソルで自分はアビスパで守備の仕方も違うので、そういうお互いの癖もあると思います。ここは代表の場で代表のサッカーがあるので、そこにしっかりと合わせていけたら良いなと思います」

──ホンジュラス戦(15日)はどのようなテーマで戦うか「本番に向けての最後の大会になるので、しっかりと無失点に抑えるということを第一に考えながらやっていきたいです。日本の選手相手と海外の選手相手とは違うので、そういった感覚も取り戻していきながら、あとは味方との連携を高めていきながらやっていきたいです」

──本大会の目標は

「U-20日本代表の武者として、組織でしっかりとコンパクトに守備ができるということもありますし、サッカー外のところでも仲が良いのでそういうところを出していければ自然と一つ一つ戦って上に行けると思うので優勝を目指して頑張りたいです」