全体練習合流のDF杉岡大暉、代表初の公式戦に「空気感や相手のレベルを存分に感じたい」《U-20W杯》

写真拡大

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は14日、翌15日にエコパスタジアムで行われるU-20ホンジュラス代表との国際親善試合に向け、静岡県内の練習施設でトレーニングを行った。

▽練習終了後、DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)がメディア陣のインタビューに応対し、別メニュー調整が続いていた理由について説明。また、U-20W杯という世界の舞台で、自身のストロングポイントを生かして多くのことを吸収して日本に帰ってきたいと成長を誓った。

◆DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)

(C)CWS Brains,LTD.


──ようやく全体練習に合流したがコンディションはどうか

「長く一週間休んで、しっかり休めたのでその分身体は元気なので、ベストになってプレーしていきたいなと思います」

──離脱してた期間の負傷理由は

「軽い肉離れで少し休んでいて、少し痛みがあったので休ませていただきました。もう完全に痛みもないのでこれからは普通にやれると思います」

──徐々にW杯が近づいてきているが

「個人的には初めての代表での公式戦になるので、空気感や相手のレベルを存分に感じて、いろいろなものを吸収して帰りたいなと思います」

──世界を相手にどういったストロングポイントを出していきたいか

「ビルドアップの部分や落ち着いて守ることであったり、そういうところは自分の武器だと思うので、しっかりと生かしていきたいです」