14日に北京で「一帯一路」サミットが開幕。習主席が演説し、政府系ファンドに1.6兆円増資を発表。会場を離れる習主席とロシアのウラジーミル・プーチン大統領(Pool/Getty Images)

写真拡大

 中国習近平国家主席が提唱するシルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する国際協力サミットは14日、北京で開催された。14〜15日の2日間の日程で、29カ国の首脳や130国以上の政府関係者など1500人が出席した。

 14日午前、北京にある中国国家会議センターで開幕された同会議にでは、習近平国家主席は約40分間の演説を行った。

 国営新華社通信によると、習主席はシルクロードの歴史を触れ、「世界経済成長に新たなけん引力が必要だ」「貿易は経済成長の重要なエンジンだ」などと述べた。

 また習主席は今後、中国当局が14年設立した政府系ファンド「シルクロード基金」に1000億元(約1兆6000億円)を新たに拠出すると示した。さらに、「一帯一路」インフラ建設や産業・金融協力に、中国国家開発銀行と輸出入銀行はそれぞれ、2500億元(約4兆円)と1300億元(約2兆800億円)規模の資金貸出を提供するという。

 習主席は2013年に同構想を提案した。中国西部と中央アジアや欧州を結ぶ「シルクロード経済帯(一帯)」と、中国沿岸部と東南アジアやインドやアフリカを結ぶ「海上シルクロード(一路)」との世界規模な経済圏を形成し、各国間の互恵関係を構築していくという。

 同日午後には、「資金融通の促進」「貿易の円滑化の推進」などテーマに、6つの会議が同時に行われる。

 今回のサミットには、日本から自民党の二階俊博幹事長、松村祥史経済産業副大臣が出席する。

 中国外交部は12日、米国からは国家安全保障(NSC)のアジア政策を担当するマシュー・ポッティンジャー上級部長が代表団を率いて同サミットに出席すると発表した。

(翻訳編集・張哲)