『NCIS:ニューオーリンズ』『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』

写真拡大

全米視聴率ランキングのトップ10(ニールセン調べ)が発表された。順位は以下の通り。

1.『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』(CBS)
2.『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』(CBS)
3.『BULL』(CBS)
4.『アメリカン・ダンシングスター』(ABC)
5.『60 MINUTES』(CBS)
6.『ブルーブラッド』(CBS)
7.『ザ・ヴォイス(月曜)』(NBC)
8.『NCIS:ニューオーリンズ』(CBS)
9.『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』(CBS)
10.『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』(CBS)

今回発表されたのは、5月1日(月)の週。トップ常連の『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』がまたも1位で、2位の『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』(10位に入っているのは特別版)との差は視聴者数としてはわずか40万人足らず(1288万人と1239万人)だった。さらには元『NCIS』のマイケル・ウェザリーが主演するドラマ『BULL』がまたもトップ3につけた一方、スピンオフの2本、『NCIS:ニューオーリンズ』は8位、『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』は9位にとどまっている。今月中旬から下旬にかけてこれらの番組は立て続けにシーズンフィナーレを迎えるが、最後まで10位圏内を保てるだろうか。

CBSがトップ10のうち8枠を占め、残りにはABCの人気リアリティ番組『アメリカン・ダンシングスター』と、NBCのオーディション番組『ザ・ヴォイス』が入った。(海外ドラマNAVI)