神戸の攻撃的右SB藤谷壮、間近に迫る世界大会で「スピードを生かしたプレーを」《U-20W杯》

写真拡大

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は14日、翌15日にエコパスタジアムで行われるU-20ホンジュラス代表との国際親善試合に向け、静岡県内の練習施設でトレーニングを行った。

▽練習終了後、DF藤谷壮(ヴィッセル神戸)がメディア陣のインタビューに応対。本大会が刻々と間近に迫る中、神戸の若き攻撃的右サイドバックは「時間があまりない」とチームとしての意思疎通に不安をのぞかせつつ、世界を相手に「スピードを生かしたプレーをしていきたい」と意気込んだ。

◆DF藤谷壮(ヴィッセル神戸)
(C)CWS Brains,LTD.
──コンディション

「悪くはないです」

──本大会が間近

「チームの共有を深めるためには、時間があまりなく、ちょっと少ないかなという不安が大きいです」

──具体的な不安要素

「あまり噛み合っていないことが多いです。完成度や精度というところがまだ足りないと感じています」

──主戦場は右サイドバック。攻撃の貢献度にも期待が高まるポジション

「(攻守の比率は)5対5ぐらいかなと。(チームのスタイルは)自分たちからボールを奪い、そこから攻撃に出て行く形。自分たちからボールを保持したときに、3人目の動き出しを心がけていきたいと思っています」

──グループステージで対戦する相手は強敵揃い

「あまり(嫌なイメージは)ないですけど、初戦が大事になってくる。南アフリカは身体能力が高いと思うので、そこを警戒したいですし、予測が大事になってくると思う。『よーい、ドンッ』じゃ勝てないと思うので、しっかりと予測して対応をしていきたい」

──所属クラブで周りから声をかけられたか

「みんなから『頑張れよー』との声をかけていただきました」

──世界大会でアピールしたい個の部分

「特長であるスピードを3人目の動き出しやオーバーラップの反復、守備の一対一でも生かして相手を止めたい。止めないといけないと思っています」

──15日のホンジュラス戦で心がけるプレー

「重なるんですけど、スピードを生かしたプレーをしていきたいです」