「シカゴ・タイプライター」ユ・アイン、キスの後イム・スジョンに冷たい態度

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「まさかヤキモチ?」

「シカゴ・タイプライター」ユ・アインがキスした後、イム・スジョンに冷たく接した。
韓国で13日に放送されたtvN「シカゴ・タイプライター」でソ・フィヨン(ユ・アイン) は昌慶苑に遊びに行こう、というリュ・スヒョン(イム・スジョン)に、妓生(キーセン/朝鮮時代の芸姑) と約束があると嘘をついた。

リュ・スヒョンは「そのお酒と女好き、やめられないかな?」と指摘した。これに対してソ・フィヨンは「お前に関係ないだろう? 人の趣味に文句つけるな。お前が僕の妻なのか? それともまさかヤキモチ?」と冷たく話した。

これに先立って2人は巡査を撒くために、濃いキスをした。ソ・フィヨンは「田舎臭い。お前こそ気でもあるのか。今日授業受けたらどう? 復習もう一度やろうか? 香水かけた? 女のふりするな」と、リュ・スヒョンに線を引いた。