男子フィギュアの羽生結弦

写真拡大

 日本スケート連盟のフィギュア委員会が14日、都内で行われ、昨年の全日本選手権をインフルエンザで欠場した羽生結弦(22)=ANA=に、特例として、平昌五輪代表最終選考会となる12月の全日本選手権(開催地未定)のシード権を与えることを決定した。

 本来シード権は前年の全日本1〜3位のみに与えられ、それ以外の選手は地域・ブロック大会からの出場となるが、伊東秀仁フィギュア委員長は「世界チャンピオンということで全日本チャンピオンに匹敵すると判断した」と、説明した。特別シードは史上初だという。これにより男子は宇野昌磨、田中刑事、無良崇人の全日本上位3人と羽生の4人がシードとなった。