Mr.Children『ヒカリノアトリエ』

写真拡大

 2017年は、デビューから25年という節目の年を迎えるキャリアバンドが目立つ。四半世紀に渡る活動を振り返りつつ、彼らのアニバーサリーイヤーの動きに注目してみたい。

(関連:桑田佳祐、Mr.Children、宇多田ヒカル…朝ドラ主題歌に国民的アーティスト連続起用の背景

 まずは1992年のデビュー以降、『Tomorrow never knows』(1994年)『名もなき詩』(1996年)といったミリオンヒット作を連発、2000年代に入ってからも「Sign」(2004年)などのヒット曲を生み出し続け、国民的アーティストの1組とも言えるMr.Children。セルフプロデュースを開始した近年では「ヒカリノアトリエ」でNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』(NHK総合)の主題歌、「himawari」で映画『君の膵臓をたべたい』の主題歌を担当し、幅広い世代にその魅力を訴求し続けている。先日5月10日にベストアルバム『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』を2作同時に配信リリースした彼らは、自身最大規模となる全国ツアー『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』を開催するなど精力的に活動するようだ。

 2016年に再集結したTHE YELLOW MONKEYも、デビュー25周年を迎える。再集結後は新シングル『砂の塔』をリリース、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016』はじめ様々なイベントや『第67回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)に出演し、確実にファン層を広げ続けている。2017年は新曲「ロザーナ」も収録したベスト盤『THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST』をリリースするほか、12月に『THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017』と題した東京ドーム公演を開催。東京ドームでのライブは17年ぶりとなるが、キャリアバンドらしい風格を見せてくれるはずだ。

 活動休止を挟み、2014年に活動再開した4人組バンド・ウルフルズ。2月に発売されたチャットモンチー、JUJU、木村カエラなど女性アーティストによるトリビュート盤『ウルフルズ Tribute 〜Best of Girl Friends〜』も記憶に新しい中、5月24日にはオリジナルアルバム『人生』を発売する。さらに6月から開催の全国ツアー『ウルフルズ ツアー2017 人生〜デビュー25周年やな!せやせや!〜』では恒例の学生キャッシュバック制度に加え、各会場の最後列のみ2,500円でチケットを発売する、という新たな試みも。またトータス松本(Vo)は椎名林檎の新曲「目抜き通り」にデュエットで参加するなど、ソロとしてもグループとしても常に挑戦を続ける彼らから目が離せない。

 そして2010年の“REBOOT”後、X JAPANから[Alexandros]まで幅広い世代を迎えた初の主宰イベント『LUNATIC FEST.』を開催するなどジャンルを超えて支持されるLUNA SEAは、アニバーサリーイヤーを記念した武道館公演『LUNA SEA The Anniversary 2017』を開催。またオフィシャルファンクラブ・SLAVEも25周年を迎えるため、ファンクラブイベント『SLAVE MEETING』初の海外ツアーとして『SLAVE 25th ANNIVERSARY TOUR“SLAVE MEETING 2017 in HONG KONG”』が行なわれる。武道館公演はもちろん、国外でも変わらぬクールなパフォーマンスが見られることに期待したい。

 デビューから25年経っても彼らが第一線で活躍し続けることができるのは、ライブやリリースなど様々な面でチャレンジしながらも決してぶれない芯を持ち、サウンド面で独自の色を打ち出しているからだろう。さらに、時に休止を挟んだり、時にソロ活動を充実させることも、長年の活動の中では必要なことなのかもしれない。それぞれのスタイルで歩み続け、バンドとしてより長く愛されてほしいものだ。(村上夏菜)