水野晃樹が後半ATに同点弾! 清水vs鳥栖はドロー《J1》

写真拡大

▽明治安田生命J1リーグ第11節の清水エスパルスvsサガン鳥栖が14日にIAIスタジアム日本平で行われ、1-1で引き分けた。

▽ここまで3勝3分け1敗で14位に位置する清水と、4勝2分け4敗で10位の鳥栖が相まみえた。清水は、1-1で引き分けた前節のガンバ大阪戦と同様のスタメン。一方の鳥栖は、1-0で勝利した前節の横浜F・マリノス戦から、欠場の谷口と豊田に代えて青木とイバルボを起用した。

▽試合は序盤、一進一退の攻防で進む。そんな中、試合を動かしたのは清水の新戦力だった。23分、バイタルエリアで鄭大世が潰れると、こぼれたボールをチアゴ・アウベスが左足で叩く。強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さり、チアゴ・アウベスの直近6試合4得点目となるスーパーゴールで清水が先行する。

▽ハーフタイムにかけては鳥栖が反撃に転じると、31分にビッグチャンス。ボックス右で鎌田がボールを収めると、付近でパスを受けた趙東建がシュートに持ち込む。しかし、これはGK六反のセーブに遭う。さらに40分にはボックス右の趙東建から近くでボールを受けた原川がシュートに持ち込んだが、これは枠を捉えることができなかった。

▽迎えた後半も好勝負が展開される。清水は59分、枝村の縦パスからボックス左に抜けた白崎がチャンスを迎えるも、シュートブロックに遭ってこれを生かせない。さらに62分にはビッグチャンス。相手最終ラインのキム・ミンヒョクのミスを突いてボールを奪った鄭大世がGKとの一対一を迎えたが、枠を捉えたシュートはGK権田のビッグセーブに阻まれた。

▽終盤、清水は犬飼が負傷のため角田と交代。一方、鳥栖はイバルボ、福田に代えて池田、水野を投入し、同点弾を目指す。

▽その後は、リスクを冒して鳥栖がゴールを目指す。すると、試合終了間際に追いつく。アディショナルタイム4分、左サイドから鎌田が中央にボールを入れると、富山が触って、正面の水野へ。水野が、飛び出してきたGK六反を冷静にかわし、ネットを揺らした。

▽そして、試合はそのまま1-1で終了。両者が勝ち点を分け合っている。