子宮頸がん検診で順番を待つ女性たち(出典:https://coconuts.co/bangkok/news)

写真拡大

いかなる病気も早期発見に越したことはなく、病院で定期的に検査が行われることにより病気が発覚することもある。子宮頸がんもその一つだ。このほどタイの病院が「婦人科の検査を受けるのはどうも恥ずかしい」というこれまで検査を渋っていた内気な女性らに顔面マスクを配布し、風変わりな解決法をもたらした。サイト『Coconuts Bangkok』や『Oddity Central』などが伝えている。

タイのカムペーンペット県にあるノーン・クロート病院の婦人科の待合室には、異様な空気が流れている。なぜなら待合室では、緑のマスクを被った女性たちが検診の順番を待っているからだ。

女性たちは子宮頸がんを調べる無料のパップテスト(小さな専用ブラシなどで子宮頸部の細胞を擦り取る検査)を受けにきたのだが、これまで婦人科での検査に及び腰の女性は多く「恥ずかしい思いをして検査を受けるくらいなら」と無料の検査を拒否する人も少なくなかったそうだ。

このマスクを被ると、診察時に医師や看護師と直接顔を会わせることなく気まずさを軽減させるということで、病院側は本来であれば何の気まずい思いを抱く必要のない検査になんとも型破りの解決法で挑んだのである。

そもそもマスクの配布は、出演者らが自らの身分を隠して真の歌唱力を競う人気TV番組『The Mask Singer』がヒントになったという。病院ではもちろん検診者は身分を証明しなければならないが、診察時に顔を見られずに済むという安心からか、多くの女性がパップテストを行うようになったと行政区長のSuwan Supakijchareonさんは話している。

検査を受ける女性たちが「恥ずかしい思いをしないように」という病院側の配慮は素晴らしいが、「恥ずかしさを隠すとかそういう以前に、女性らにこの検査の重要性をもっと教えるべきでは」「検査を恥ずかしいものという思い違いを変えることが正しい解決法じゃないのか」といった声もあがっている。

出典:https://coconuts.co/bangkok/news
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)