デヴィ夫人

写真拡大

14日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、デヴィ夫人が、同性婚に反対の意見を述べた。

番組では、2014年に「同性婚」を発表したタレントの一ノ瀬文香とダンサーの杉森茜が、今年に入って破局していた話題を取り上げた。過去に二人は、区役所に婚姻届を提出するも不受理になったが、都内で新婚生活を続けていた。

スタジオには当事者の一ノ瀬がゲスト出演し、婚姻届が受理されないことは問題との考えを示した。だが、これに対し、デヴィ夫人は同性愛に理解を示しながらも「同性婚は絶対に反対」と述べたのだ。

デヴィ夫人は、同性カップルの結婚は「自然の摂理に反する」と考えているのだとか。「お花におしべとめしべがあるように、動物に雄と雌があるように、人間にも男と女がある」「結婚は子孫を残すことですから、それに反しますよね」と結婚に対する考えを明かす。

一ノ瀬の「結婚は子どもをもうけるためのものではない」という意見にも、デヴィ夫人は、「いや、子孫を残すためです」と反発。最後まで同性婚に反対していた。

【関連記事】
デヴィ夫人が英エリザベス女王の従兄弟と交際の過去明かす 共演者驚き
デヴィ夫人が日本の現状を批判「病んでいるうえに他国の顔色をうかがい過ぎ」
デヴィ夫人がアイドルファンに痛烈「平日の昼間から何してるの?」