“ソヨン&ボラムが脱退”T-ARA、完全体としての活動終了…6人での最後のステージでメンバー涙

写真拡大 (全2枚)

T-ARAを連呼する台湾ファンたちの声にメンバーたちは最終的に涙を見せた。

13日、台湾の台北ではT-ARAのコンサートが開催された。2600人の観客が集まってT-ARA完全体の最後を共にした。

デビュー8年以来初めて台湾でコンサートを開催したT-ARAは「嘘」「Bo Peep Bo Peep」「Roly-Poly」「TIAMO」などヒット曲を熱唱しながら台湾ファンに思い出を残した。正確な発音の中国語で台湾ファンとのコミュニケーションを試みながら努力する姿が観客に感動を与えた。

特にこの日客席でファンたちは「私たち、長く待ったんだよ」と書かれたプラカードをそれぞれ手に持ってT-ARAを迎えた。あいにく長く待ってからやっと会えたT-ARAはこの日の公演でファンに(完全体としての) 別れを告げることになった。

公演の終盤にヒョミンは「無数の日々を私たちと一緒にしてくれたファンの皆さんに本当に感謝する」と感想を語り、契約満了でチームを離れるボラムは「こうやって皆さんと一緒にいられて幸せで、感謝している。一生この瞬間を忘れることができないと思う」と付け加えた。

最後の曲として「Bye-Bye」を選曲したT-ARA。最後の歌を聴いた客席のファンたちは涙を流しながらしばらく「T-ARA」を連呼した。ヒョミン、ソヨン、キュリ、ボラム、ジヨン、ウンジョンの6人は結局涙を流した。大粒の涙を見せたメンバーたちは「ありがとうございます」と挨拶した後、舞台を離れた。これで6人のメンバーでのT-ARAの活動は終わりとなった。

15日に所属事務所との契約が満了するソヨンとボラムは以降の公演には参加しない。二人を除いた4人は6月末にカムバックする予定だ。