出典:https://www.shutterstock.com

結婚したいけど、いい人が見つかりそうにない。付き合っている人はいるけど、相手との結婚が思うように進まない。そんなときって、つい焦ってしまいますし、なかには自分の将来に深く悩んでしまう女性も多いのでは。

よく「結婚は縁だから」と言われることが多いですが、いい縁を呼び込むためには、それなりの努力と行動が不可欠です。もし、あなたが「本当に結婚したい」と思っているなら、結婚を遅らせる考えはいまのうちに断捨離したほうがいいかも……?

今回は、結婚したい女性が捨てるべきモノをご紹介します。

 

■結婚の話が進みづらい相手

「自分の気持ちをハッキリさせたほうがいいです。期待しちゃうのもわかるんだけど。結婚を考えられない人をいつまでも思っていてもしょうがないから。」(28歳/女性/販売)

結婚を考えている人がいる場合、相手は本当に自分と結婚する気があるのか、よく考えましょう。「恋人としてはアリだけど、結婚はちょっと……」と考える男性は少なくありません。見極めのポイントは、自分の親に会う気がない、結婚の具体的な話ができない、でしょうか。

これはあなた自身が、彼との結婚に消極的な場合も同様です。相手以外の結婚が考えられない、そうした状況にお互いがならなければ、いつまでも結婚できない状態が続くだけ。どこかで踏ん切りをつける必要がありますね。

 

■運命の相手を待っている状態

「いつかいい人が現れる。そんなふうに漠然と思っているだけじゃ、いい人は現れないと思います。自分から出会いを求めて、異性と知り合っていく機会を持ったほうが絶対にいいです。それでもいい出会いって、なかなか得られなくて辛いんですが……。」(28歳/女性/メーカー)

「結婚は縁だから」という言葉を真に受けて、一切出会いを求めていない。それではいつまで経っても結婚はできないでしょう。街角でばったりといい人と出会う。そんなドラマのワンシーンのような出会いを期待しているのなら、いますぐ断捨離した方がいいかも……。

出会いは自分の行動によって決まります。街コン、婚活パーティーといった出会いの場所に足を運ぶのもよし。飲み会、同窓会の誘いを受けたら、とりあえず参加してみるのもいいでしょう。そこから得られる出会いが、結婚を考えられる人との出会いに繋がっていくはずです。

 

■結婚相手への条件のこだわり

「正直相手の仕事とか、経済力は気になります。でも、正社員で年収が人並みなら、それでよし。あとは価値観が合っていて、お互いに愛があって、結婚したいと思える人なら、それでいいかなって感じ。条件にこだわり過ぎると、いい相手は見つかりにくいと思うので。」(28歳/女性/IT)

結婚の条件が厳しいと、いい相手はそれだけ見つかりづらくなってしまいます。いわゆる選り好み、ですね。オススメは、絶対に譲れない条件を3つ決めること。この場合なら、経済力、愛、価値観です。

譲れない条件が多くなるほど、結婚できる可能性は遠のくかもしれません。恋愛は、大抵自分と同じレベルの人と一緒になるといいます。自分のレベルを考えて、選り好みし過ぎていないか冷静に見極めましょう。

 

結婚するということは、思っているよりも簡単ではないかもしれません。お互いに結婚を考えられて、結婚できる環境にあるのか。このふたつのポイントに、お互いが足を引っ張ってしまっているなら、ぜひ断捨離して、幸せな結婚に近づけたいものです。

【画像】

※ Dmitry Sheremeta/shutterstock

【関連記事】

※ ズルズルさせない!長く付き合っている彼氏に「結婚を決意させる」方法

※ 結婚できない言い訳?アラサー女のタラレバ発言4選【オフィス編】

※ 掴み取れ、結婚。男ウケの良い「婚活」での態度

※ 一生に一度の決断。男が「この子と結婚しよう」と腹をくくる瞬間

※ 目玉焼きはしょうゆ派?ソース派?「結婚」するなら重視すべき相性ポイント

※ モテないのはどうして?男が嫌う「NG女」の意外な特徴4つ