新社会人はスタバに寄ってはいけない

写真拡大

約20万円の初任給。遠慮なく使う人、貯める人。いろいろだが、社会人をスタートさせる今だからこそ知っておくべきお金のルールがあるのだ。

■同じ初任給でも貯まる人貯まらない人が出る理由

労務行政研究所の調査によると、2016年4月の新卒入社者の初任給(対象:東証第1部上場企業227社)は、大学卒21万313円、大学院卒修士22万7505円、短大卒17万7822円、高校卒16万4894円。前年度に比べると抑制傾向にあるものの、3割以上の企業が全学歴で引き上げしたという。

初任給を手にした新社会人のみなさんは、どんなふうに使っただろうか?

筆者が新入社員の頃は、とにかく毎朝遅れずに会社に行くことで精一杯。入社後も半年くらいは、新人研修やOJT研修など、終日ほぼ研修ばかりで、「これで、お金がもらえるなんて申し訳ないなあ……」と給与明細を見ながら、少し後ろめたく思ったことを覚えている。

とはいえ、親から仕送りをもらっていた大学時代と異なり、これからは自分の稼ぎだけで食べていかねばならない。

しかも、企業における終身雇用や定期昇給制度は過去のもの。超高齢社会で少子化が進む今の日本の20代にとって、将来、年金はもらえるのか、社会保障や税金はどうなるのか、などお金にまつわる心配は尽きない。

今回は、そんな新社会人が考えておくべきお金にまつわる3つのことをご紹介しよう

▼社会人が絶対知っておくべきお金のこと

その1<ライフプランを立てない人は必ず浪費する>

結婚、出産、仕事、親からの独立、転職、キャリアアップ、住宅購入など、人生の節目となる出来事を「ライフイベント」という。

新社会人にとって、これからの人生の中で可能性のあるライフイベントにはさまざまなものがあるが、共通しているのはいずれもお金がかかるということだ。

自分の収入を自由に遣うことができる新社会人の多くは、将来の生活設計、すなわち「ライフプラン」よりも、レジャーや旅行、自動車・バイクなど、現在の趣味や生活を楽しむ方を優先させがちである。

しかし、新社会人になったこの時期こそ、自分自身がどんな人生を送りたいか、働き方・暮らし方を考え、具体的なライフプランを考えてみて欲しい。

■お金の困らない人生を送る人が必ずしていること

プランを考えることに何のメリットがあるか?

それはライフプランや自分の夢・希望・目標が明確な人のほうが、お金の使い方、貯め方にメリハリが効き、無駄遣いをしなくなり、お金も貯まる傾向が強いのだ。

とりわけ、学生時代に奨学金を利用していたのであれば意識して今後のライフプランを考えてほしい。なぜなら、ゼロスタートではなくマイナススタートとなるからだ。

例えば、日本学生支援機構の第一種奨学金(利息なし)を、私立大学(4年制)・自宅通学、貸与月額5万4000円、機関保証利用なしで借りた場合、毎月の返済額は1万4400円となる。これを大学卒業後(23歳)の38歳まで返済しなければならない。

ライフプランを明確にするメリットは、どうしたらそれを実現できるのか準備方法が具体化することにある。お金に困らない人生を送りたいのであれば、どうすればそれが実現するのか、いち早くプランを立てたモノ勝ちともいえる。

▼社会人が絶対知っておくべきお金のこと

その2<新社会人は手取り収入が多い。だから……>

しかし、実際のところ新社会人向けのセミナーなどで、ライフプランシートを記入してもらっても、ほとんどが書けない。何をどう考えて良いかわからない人がほとんどなのだ。

20代前半といえば、「今の仕事をどれくらい続けるのか?」「今の彼or彼女と結婚するのか?」など、仕事もプライベートも思い悩むことだらけに違いない。

そこで、今やりたいことがわからない、見つからないのであれば、とにかくお金を貯めることをスタートさせよう。

お金とは不思議なものである。手元に数万円しかなければ、やりたいことがあっても、「どうせムリだろう」と諦めてしまう。それが。50万円、100万円とまとまった金額になると、漠然と考えていた夢や希望がリアルに見えるようになるのだ。

とくに、新社会人は手取り収入が多い。なぜなら、初任給から控除されるのは、所得税と雇用保険のみで、厚生年金や健康保険料は4月分からは差し引かれない。また、住民税は、前年度の所得に対してかけられるものなので、1年目から2年目の5月の給与からは天引きされないのだ。この社会人1〜2年目の時こそ「貯蓄体質」を作る絶好の機会だと心得ておきたい。

■将来の住宅・教育ローンを視野に、給与振込口座をつくる

そこで、ムリなくお金を貯めるには、給与からの天引きや自動積立定期を利用するのが効率的である。勤務先に、財形貯蓄制度があれば、金利面や将来融資を受ける際にも有利なので、積極的に利用したい。

金額の目安は、ひとり暮らしの場合、手取り月収15%〜20%、実家暮らしの場合、手取り月収25〜35%に設定する。手取り月収が20万円なら、ひとり暮らしは毎月3万〜4万円、実家暮らしは5万〜7万円になる。最初はキツイと感じるかもしれないが、ジョギングと同じで、ちょっと辛いくらいの方が後からラクになってくる。

自動積立のポイントは、とにかくできるだけ早くスタートさせること。そのためには、給与振込口座を開設している銀行で申し込むのがお手軽だが、少しでも高金利に貯めたいなら、ネット銀行を選択する方法もある。

なお、金融機関は顧客の囲い込み強化の一環として、給与振込口座や公共料金の引き落とし、定期預金口座の開設などをポイント制にして、各種の優遇制度を実施している。将来、住宅ローンや教育ローンを組むことを視野に入れると、まず給与振込口座をどこの銀行で開設するか、慎重に検討していただきたい。

▼社会人が絶対知っておくべきお金のこと

その3<コンビニやスタバに寄る習慣をやめる>

新社会人は、収入(給与)の範囲内で、貯蓄をし、支出をやりくりする健全な金銭感覚を身に付けることが大切である。

そのためにも、毎月どれくらい生活費がかかるのかを把握し、ムダな支出は抑えるように心がけよう。最近では、家計簿アプリが充実しているので、家計管理が手軽に行えるようになったし、アナログ派は、記入式の家計簿や預金通帳に書き込むスタイルでも良い。

重要なのは、何にどれくらいお金を使ったのかが明確になること。「ムダ遣いしているつもりはないけど、手元にお金が残らない」という人は、記録するだけでかなりの効果があがるはずだ。ムダ遣いの原因は仕事帰りについ立ち寄ってしまう場所にある。用もないのにコンビニをのぞいてみたり、スターバックスに寄って新商品を試したりする習慣も改めよう。

コンビニやカフェは現代人にとって不可欠であり、またおいしい商品は大変魅力的だが、自制する習慣は早めに身につけるべきなのだ。

■収入アップにつながる資格の取り方がある

そしてとくに注意したいのは、クレジットカードやキャッシングなどだ。安易に使い過ぎないのはもちろんだが、利用する場合も、年会費が無料で、還元率が高いものを選ぶなど、有利な活用法を考えてみることだ。

とはいっても、お金は貯めるばかりでは意味がない。使ってこそ価値が出てくるものであり、その点でも、自己投資は不可欠である。

仕事に必要なスキルを身に着けたり、資格を取得したり。エステやジムに通って自分磨きをすることは、自分への自信やキャリアアップにつながるだけでなく、人的資産の価値が高められ、給料がアップする可能性も大だろう。引いては、収入の安定にもつながる。

ただし、資格取得は合格が目的・ゴールではない。たまに、名刺にさまざまな資格(しかも、ぞれぞれ別の分野のもの)を書いた方にお目にかかるが、ビジネス上の付き合いでいうと「この人はいったい何がしたいのか?」と思ってしまう(資格取得が趣味という人は別なのだが……)

社会人の大切なお金と時間を使って資格取得をするのであれば、資格を仕事にどう活かすかを考えること、つまりは、どんな風にしてモトを取るかをまず考えて欲しい。

▼人生を豊かにするのも貧しくするのも、お金

社会人になると、お金は、企業などに労働を提供して給与として受け取り、モノやサービスを購入し、税金や社会保険料を納め、将来に備えて貯蓄するというように社会を循環していることを意識するようになる。

働いてばかりでお金を使うヒマもないとか、将来が心配だからと貯蓄するばかりでは、人生を楽しむことができないし、カネは天下の回りものとばかり、入ってくるお金をすべて使ってしまっていたのでは、病気やケガなどで収入がなくなった場合に備えることができない。

そのバランスや価値観は、人それぞれであるし、人生におけるリスクは前もって推し量るものではない。とにかく、お金というのは、働いて稼ぎ、使い、貯めながら、自分らしい充実した人生を送るためのものであるということを体感してほしい。その上で、賢いお金の付き合い方とそれを実践するための情報や知識・知恵を培っていただきたい。

(CFP、一級FP技能士、消費生活専門相談員 黒田 尚子)