左から柳ゆり菜、山田裕貴、溝端淳平、原幹恵

写真拡大

溝端淳平主演で実写映画化された『破裏拳ポリマー』の初日舞台挨拶が5月13日に新宿バルト9で行われ、溝端をはじめ、山田裕貴、原幹恵、柳ゆり菜、長谷川初範、神保悟志と坂本浩一監督が登壇した。

[動画]ヒーロー演じた溝端淳平、破裏拳と必殺「すごいっすね!」を生披露/『破裏拳ポリマー』完成披露舞台挨拶

本作は、『ガッチャマン』『タイムボカン』シリーズなどで知られるタツノコプロの人気キャラクターの中でも、カンフーなど格闘技の要素を取り入れた肉弾アクションが話題を呼び、独特な存在感から異端のヒーローとして熱狂的なファンを有した同名アニメの映画化作品。タツノコプロ55周年を記念し製作された。

この日は、本作で破裏拳ポリマーが変身ならぬ“転身”して戦うことにちなみ、「ご自身が“転身”したら何をしたいか?」という質問が。山田の答えは「最近宇宙で暴れまわってるアライグマがいるようですが、そいつをぶっ倒したいです。そうしたら『破裏拳ポリマー』が一番になるかなと思うので(笑)」というもの。これに溝端が「ああ、同時期に公開してるやつね(笑)」と応じると、満席の会場は大きな笑いに包まれた。

そんな溝端は「怖いエイリアンとかは嫌だから『うる星やつら』のラムちゃんが良いかな。可愛いし逆にやられても嬉しいです(笑)」と回答。溝端のまさかのやられ願望に、会場からはまた爆笑が沸き起こっていた。

一方、異性に転身した原は「女の子をナンパしたいです」と答え、その答えに男性陣は大興奮! 山田が「どんな風に?」と尋ねると、溝端が「じゃあ山田君を女の子と思ってやってみて」とムチャブリ。原は照れつつも山田に「すごくタイプで、一目見た瞬間にすごく良いなと思いいました」と言いかけると、山田は「もう我慢できねー!」と原に抱きつくというまさかの事態に! 山田は溝端にツッコまれつつ、場内は爆笑の渦に巻き込まれた。

同じ質問に柳は「私は、男の人になったら自分の体の匂いを嗅ぎたいです。鎖骨と胸元の間の匂いを嗅ぐと良い男かどうかわかるので、そこを嗅いでみたいです」と話していた。