最近よく「仕事ができる人は朝活をしている!」なんていいますが、朝が弱いお寝坊さんには耳の痛い話。今回は「朝活なんてとうてい無理」なお寝坊さんのために、5分でできる簡単習慣をご紹介します。

1. 寝起きに伸びをして肩こり解消!

朝のストレッチは一日をエネルギッシュに始めるのに最適ですが、朝そんなことしている暇なんてない、という人も多いはず。そんな人には「寝起きの伸び」がオススメ。
朝起きたら布団の中で伸びをするだけなので、10秒もかかりません。息をゆっくり吐きながら手を上に上げて伸びをすることで、血行の流れをよくする効果があります。朝の伸びは肩こりやストレス解消にも効果的といわれています。両手を数回グーパーするだけでも血行促進に効果的です。

2. カーテンを開けて体内時計をリセット!

朝起きたら、すぐにカーテンや雨戸を開けて太陽の光を浴びましょう。太陽の光は体内時計をリセットする効果があり、生活リズムを整えてくれます。すっきりと目覚めることができるだけでなく、就寝時の寝つきの悪さを解消する効果も期待できます。

3. 目覚めは大好きな曲でポジティブに!

朝からポジティブな気分になりたいときは、お気に入りの曲を目覚まし時計にセットしておくのが◎。音楽は脳に刺激を与えて、脳が自然に目覚めるのを手助けしてくれます。また好きな曲をきいて目覚めることで、一日をポジティブに過ごす効果も期待できます。

4. 朝食にクルミをプラス!

朝食に良質なタンパク質と脂質をしっかりとることで、エネルギーをチャージして一日中元気を持続。とくに手軽に食べられるクルミは、朝食にオススメの食材です。栄養満点なうえ、現代人に不足しがちなオメガ3系脂肪酸が豊富に含まれています。ただし、食べすぎは禁物。1日の摂取量は7粒程度を目安にするのが◎。

5. 元気なあいさつでエネルギー注入!

大きな声で話すことは自信を得ることにもつながり、あいさつはポジティブな感情を高める効果があるともといわれています。朝起きたら「おはよう!」と大きな声であいさつするだけで、ポジティブエネルギーがじわじわと体内からわき出るような気がしてくるかもしれません!

6. 髪の毛を引っ張り血行促進!

ベッドからなかなか出ることができない朝は、髪の毛を優しくひっぱってみましょう。こうすることで頭皮の血行がよくなり、スッキリと目覚めるのに効果的。ストレス解消の効果もありますが、髪の毛を強く引っ張りすぎないよう注意しましょう。

7. レモン水で目覚めスッキリ!

朝1杯のレモン水は体内の水分を補給し、全身にくまなく水が行き渡ることで、体の中まですっきり目覚めることができます。一方、体内の水分が不十分だと、疲労感がたまり、免疫力の低下やストレスなどさまざまな問題を引き起こす原因になります。
また、レモン水には口臭を防ぐ作用もあります。レモン水は、ぬるめのお湯に半分にカットした新鮮なレモンをしぼるだけで簡単につくることができます。