釈放され取材に応じるガリガリガリクソン

写真拡大

 大阪市中央区の路上で飲酒運転をしたとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕されたお笑い芸人ガリガリガリクソン(31)が13日午後、釈放された。大阪府警南署前で報道陣を前に謝罪し、「今後、お酒を飲むつもりはない」と断酒を誓った。また、ガリクソンが12日未明に飲酒した大阪市内のバーの経営者が13日、取材に応じ、約1年前から常連だったことを明かした。

 店にガリクソンを呼んで一緒に飲んでいた男性と月に1回程度来店。ただ、これまでは酩酊(めいてい)状態に陥ったことは一度もなく、飲む量もいつも「ほどほどだった」という。

 今回は別の客と店内で盛り上がるうちに、お酒が進んでしまったように映ったそう。車を運転して来店したことは店を出てタクシーに乗せようとする直前まで知らなかったという。