Appleは、同社が立ち上げた大規模ファンドの最初の出資先としてCorningを選択、ワイヤレス充電と拡張現実(AR)機能をiPhoneに追加するのが狙いとの見方が出ています。

ファンド第1号はCorning

Appleはこのほど、米国内で高度な製造業を創出するためにファンドを立ち上げ、まず10億ドルを出資すると発表しました。またその際、すでに最初の出資先と話を進めていることを、ティム・クック会長がCNBCのインタビューで明かしています。
 
現地時間12日、そのファンド「Advanced Manufacturing Fund」による最初の出資先が、ガラス製品メーカーのCorningであることがわかりました。Appleによると、Corningはファンドから2億ドルを受け取るとのことです。

ワイヤレス充電には背面へのガラス利用が必須

Corningが選ばれたことについて業界のアナリストらが、iPhoneにワイヤレス充電やAR機能を追加するのが狙いではないかと指摘しています。
 
Oppenheimerのアナリストで、Corning情報に詳しいアンドリュー・アークウィズ氏は、すでに何度も報じられているように、Appleは次世代iPhone向けにワイヤレス充電技術を開発しており、そのためにCorningを選んだと述べています。
 
iPhoneをワイヤレス充電対応にするには、背面を耐久性のあるガラスまたはセラミックにする必要があります。Corningは両素材を長年開発していることで知られています。アークウィズ氏はAppleがCorning事業の約5%を占めるだろうと見積もっています。

ARメガネ開発が狙い

一方Moor Insightsのアナリスト、パトリック・ムーアヘッド氏は、Corningへの出資は以前から噂のあるARメガネのためだと見ています。
 
ARヘッドセットには、AR体験を実現するための、180度が見渡せる特殊かつ軽量なガラスが必要となりますが、CorningならAppleの期待に応えられるというのが、ムーアヘッド氏の意見です。
 
 
Source:CNBC (1),(2)
Photo:Facebook (Corning)
(lunatic)