『小さな巨人』(c)TBS

写真拡大

 ユースケ・サンタマリアが、TBS日曜劇場『小さな巨人』に出演することが決定した。

参考:岡田将生はなぜ“嫌なヤツ”を演じるのか? 若手演出家が『小さな巨人』の芝居を読む

 同ドラマは、警視庁と所轄の確執、警察内部の戦いをテーマにした警察エンターテインメント。長谷川博己演じるエリート刑事の香坂真一郎が挫折を味わいながらも、“警察”という巨大組織の中で奮闘する模様を描く。

 2011年1月期に放送した金曜ドラマ『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜』 以来6年ぶりのTBSドラマ出演となるユースケ。第6話(5月21日放送)から登場し、 新たな舞台となる学校法人早明学園事務局の経理課で働く矢部貴志役を演じる。

 香坂(長谷川博己)は「早明学園の事務局で経理課長を務めている夫の裕一(井上芳雄)が失踪したから探して欲しい」と横沢亜美(中村アン)に相談される。その学園の専務・富永(梅沢富美男)は、元警視庁捜査一課長であり刑事部参事官にまでなった男で、退任後に天下りでこの職に就いていた。また、小野田 (香川照之)を一課長の座に引き上げた人間であると同時に、捜査一課で勤務していた香坂の父・敦史(木場勝己)を所轄へと異動させた過去を持つ。

 香坂は、捜査のため山田(岡田将生)らと早明学園に出向き、新人警察官時代に世話になった富永と久々の再会を果たすと、そこで理事長の金崎玲子(和田アキ子)を紹介される。金崎と富永から失踪事件の聴取をすると「横沢は横領していたが、長年学園の成長を支えてくれた。学園の一大プロジェクトが始まった大事な時期に公にしたくないから示談にする」と言われるのだった。しかし、この横沢の失踪騒ぎは、のちに日本警察を大きく揺るがす事件へと発展する。

 ユースケ扮する矢部は、事件の半年前から早明学園事務局の経理課に勤務している謎を秘めた男。同僚からも不思議がられ、香坂と共に捜査で学園にやってきた山田に「お久しぶり、刑事さん」と話しかける。

 なお、失踪する横沢裕一役で井上芳雄、その妻・亜美役で中村アン、新たに香坂や山田の上司となる刑事課長・須藤文香役で神野三鈴、2人の同僚となる刑事・関口一也役で石黒英雄らの出演も決定している。

■ユースケ・サンタマリア コメント
新たに始まる大きな事件に出てくる謎の男・矢部貴志を演じます。
ストイックな主人公たちの中で、突然出てくる矢部に視聴者の方も驚くと思います。
そして、どんな結末になるのか、僕もワクワクしながら台本を待っています。
皆さんにもワクワクしていただきたいです。
今回の事件は、今の社会で起きている問題を反映させています。
オリジナル脚本だからこそできる攻めた姿勢が、この作品の魅力です。
なんといっても、キャスティングが凄すぎる!
皆さんもビックリしていると思いますが、そんな作品に出演することができてとても光栄です。

(リアルサウンド編集部)