写真提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が、18日に放送されるテレビ朝日系トーク番組『徹子の部屋』(毎週月〜金曜12:00〜)に出演。司会の黒柳徹子から、ベストセラー小説『火花』の印税などに切り込まれる。

又吉が芥川賞を受賞した『火花』が発行部数300万部ということもあり、黒柳はその印税に興味津々。新作『劇場』は初の恋愛小説だが、黒柳は、又吉自身の恋愛や、太宰治との意外な縁についても切り込んでいく。

大阪で生まれた又吉だが、父は沖縄、母は奄美群島の加計呂麻島出身。幼い頃は家が貧しく、たまに家族で焼肉を食べに行っても、母は「お肉2枚でお腹いっぱい」と言うような人だったという。芸人になって上京しても「食べられないならいつでも帰ってきていいから」と言い続けてくれていた母との楽しい思い出を語る。

なお、相方の綾部祐二はアメリカに旅立ったが、そのざっくりとした夢が明かされる。