写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・AKB48の入山杏奈が、18日に放送されるテレビ朝日系ドラマ『緊急取調室』(毎週木曜21:00〜)の第5話にゲスト出演することが14日、明らかになった。

主演の天海祐希演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、特別取調室で取り調べを行う緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げていく同作。入山が演じるのは、のキーパーソンとなる旅行会社の新入社員・福永絵梨だ。

絵梨は、「誰かを殺したかもしれない」と名乗り出て逮捕された水越辰也(塚本高史)の後輩で、絵梨の証言が糸口となって捜査が大きく動き出す。

同ドラマを見ていたという入山は、撮影を終えて「普段は全然緊張しない私がめっちゃ緊張しました(笑)。この緊張感はAKB48の『選抜総選挙』とは比べ物にならない!」と感想。天海に対して「『女王の教室』の役のイメージがすごく強くて、『怖かったら、どうしよう!?』って思っていた(笑)」というが、天海から「歌い手さんの方が、お芝居はすごく上手だと思うよ。頑張ってね」と声をかけられ、「すごくうれしかったです!」とほれ込んでしまったようだ。

また、AKB48で取り調べてみたいメンバーを聞かれると「ゆきりん(柏木由紀)さん!」と回答。「すごく仲良くさせていただいて、よく『一緒にご飯に行こう』って話してるんです。でも、1回も2人で行ったことがなくて…(笑)。いつ行ってくれるのか、本気で行きたいと思ってくれているのか、取り調べたいです!」と理由を語っていた。