だんだんと気温も上昇し、ホラーや怪談が似合う季節が近づいてきている。そんなこれからの季節にぴったりなバーが5月3日、スコットランドのエジンバラに開店した。

それが「Survive(生き延びる)」という名前のコンセプトバーだ。

▼店に入るとゾンビが……

▼お酒をつくってくれる

▼生き延びられなかったウォルター

▼ゾンビメイクの来店客も

期間限定でオープン

「Survive」は6月末までの期間限定店舗。毎週火・水・木の午後4時から深夜12時までのみ営業している。

ウォーキング・デッドをイメージ

ゾンビ作品は数々あるが、「Survive」は人気テレビシリーズの「ウォーキング・デッド」に着想を得ているそうだ。

▼入り口

▼保安官バッグ

▼ニーガン愛用のルシールも

▼店内

▼このカクテルに使われているのは、エルダーベリー茶。ハーシェルがインフルエンザ患者にふるまったお茶だ

ほかにも各キャラクターをイメージしたカクテルを提供しているとのこと。

▼ビールとウィスキー

▼「DONT OPEN DEAD INSIDE(開けるな、死人がいる)」と書かれたメニュー

「Survive」はイギリスを中心に各メディアで取り上げられ、注目を集めている。期間中にエジンバラに行く予定があるのなら、ゾンビ発生後の世界を味わいに、訪れてみてはいかがだろうか。