最近、日本で最も注目を集め人気も高く、テレビでもしばしば紹介されているのがパクチー料理専門店。多くのパクチー好きから熱い声援を送られている。

写真拡大

最近、日本で最も注目を集め人気も高く、テレビでもしばしば紹介されているのがパクチー料理専門店。多くのパクチー好きから熱い声援を送られている。新快報が報じた。

【その他の写真】

日本という国は食に関して非常にこだわりのある国と言えるだろう。高級懐石料理にしても、庶民の味であるB級グルメにしても、その見ためにも味にもこだわりがみられる。何事にも真面目に取り組む日本人はイタリア料理やフランス料理といった西洋の料理を作らせても外国人の舌をもうならせるレベルの料理を作ることができるのだ。

しかし、この程度のことでは中国という国をうならせることはできない。中国八大料理(山東料理、江蘇料理、浙江料理、安徽料理、福建料理、広東料理、湖南料理、四川料理)を例に挙げてはあまりに気の毒なので、中国の一般家庭で日常的に食する野菜をその例に挙げてみよう。青々としたヨウサイ、シャキシャキとした食感の紅芯大根、スープには欠かせないパクチーなど、いずれもごく普通の野菜であるにもかかわらず、それらを食すことができない場合、まるでとてつもなく貴重な食べ物のように心を捉えて離さず、それらを食すのは単に味への欲求というよりは、忘れがたい郷愁の思いを求めるようなものだ。

筆者が20年前に初めて訪日した際、どのスーパーに行ってもパクチーを見つけることはできず、とてもがっかりしたものだ。それでも、徐々にそれをあきらめ、忘れることができるようになった時、砂漠でオアシスを見つけたような思いになるできごとが起きた。日本のスーパーに中国の野菜が並ぶようになったのだ。ただ、その「容姿」は中国と異なり、いかにも日本らしくきれいに洗われて、透明の袋に入れられたヨウサイが一束一束売られていた。また、袋には、中国野菜であるという説明やどこで生産され、どんな特徴などがあるかが書かれたラベルも貼られている。値段は1パックで数百円。ニンニクとヨウサイを一緒に炒める料理を作るだけで1600円は必要だ。しかし、それを食べられるようになっただけでもとてもありがたかったのだ。

さらに、ここ数年、中国野菜を栽培する農家がますます増え、今ならどのスーパーに行っても、旬の中国野菜を簡単に見つけることができるようになったほか、値段もリーズナブルになったため、ビクビクしながら買い、拝みながら食べる必要もなくなった。

多くの中国野菜の中でも、最も話題の的になりやすいのがパクチー。パクチー王国である中国でも好き嫌いが非常にはっきりと分かれる話題の的だが、日本でもそれと全く同じ現象が起きている。最近、日本で最も注目を集め人気も高く、テレビでもしばしば紹介されているのがパクチー料理専門店。多くのパクチー好きから熱い声援を送られている。日本のパクチー好きの人は、一度に1皿単位で生のパクチーを食べたり、パクチー鍋を食べたりと、まさにパクチーの虜になっている。

世界各国で中国料理店は珍しい存在ではなくなっている。一般庶民に受け入れられ、現地の人々の食習慣の一部となっているなら、それは「侵略的外来種」と言うことができ、心を射止め、胃袋をつかむこの争奪戦はますます盛り上がりを見せるだろう。

そろそろ新鮮なザーサイを使った炒めものが食べたくなってきた。筆者が住んでいる町は日本最大のザーサイの産地で、ここなら新鮮なザーサイが手に入る。現在、中国野菜が日本を「侵略」し、現地の人々の舌と胃袋を「虜」にしているといえよう。(提供/人民網日本語版・編集KN)