Appleが睡眠データ記録装置メーカーのBedditを買収する1か月前、Appleで睡眠に関する研究に取り組んでいた専門家が退職していたことが分かりました。

Appleを去った睡眠の専門家

AppleによるBeddit買収が報じられた直後、睡眠の専門家であるロイ J.E.M レイマン博士がAppleを去っていたことが分かりました。
 
レイマン氏は、オランダPhilips社で睡眠に関する研究を行った後、2014年にAppleに入社しました。
 
レイマン氏のApple入社は、当時、開発が噂されていたApple Watchに睡眠データ記録機能を追加するための引き抜きではないか、と注目を集めました。しかし、Apple Watchは、寝ている間に充電する必要があることもあり、サードパーティアプリなしでの同機能は実現されていません。

NightShiftやHealthKitの開発に携わる

レイマン氏のLinkedInプロフィールによると、同氏はAppleで、iOSやmacOSで画面から出るブルーライトを抑制するNight ShiftやiOS10で追加された「ベッドタイム」、HealthKitやResearchKitの開発に携わっていた模様です。
 
レイマン氏は、Apple退社後、自身が副社長をつとめるSleepScore Labsに移っています。

 
レイマン氏のApple退社とBeddit買収の関係、そしてAppleがBeddit買収を通じて何をしようとしているのかは不明です。
 
 
Source:MobiHealthNews
Photo:LinkedIn
(hato)