滑り込み選出のFW田川亨介、代表でもスーパーサブに名乗り「自分が流れを変える」《U-20W杯》

写真拡大

▽内山篤監督率いるU-20日本代表は13日、今月20日に開幕するFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に向け、静岡県内のトレーニング施設でトレーニングを行った。

▽練習終了後、FW田川亨介(サガン鳥栖)がメディア陣のインタビューに応対。いつでも出られる準備していると主張。また、途中出場で流れを変えるためにゴールを貪欲に狙うとチームへの貢献を誓った。

(C)CWS Brains,LTD.
◆FW田川亨介(サガン鳥栖)

──Jリーグでも評価を上げていると思うが

「試合に出させて頂いて、結果を出したことがU-20につながったと思います」

──本大会では途中出場の可能性もあるが

「途中出場だとしても、役割的には自分が流れを変えるというところ。自分がどんどんゴールを狙うことで、流れというのもできてくると思います。どっちでも対応できるようにはしています」

──現状はクラブと近いものはあるか

「そうですね。クラブでやってきたことがそのまま評価されただけなので、同じことをやるだけだと思います」

──自分から輪に入っていくこと得意か

「結構人見知りする方なので、最初は遠慮しがちだと思います。ただ同年代ですし、先輩方も優しいので楽といえば楽ですね」