中国社会科学院外国文学研究所の研究員・許金龍氏が編集を担当し、中国と日本の著名な学者からなる専門家チームと上海訳文出版社が企画した「当代日本文化思想の翻訳集」(全5巻)がこのほど刊行された。

写真拡大

中国社会科学院外国文学研究所の研究員・許金龍氏が編集を担当し、中国と日本の著名な学者からなる専門家チームと上海訳文出版社が企画した「当代日本文化思想の翻訳集」(全5巻)がこのほど刊行された。同書には、中国語に翻訳された大江健三郎や奥平康弘、沢地久枝、三木睦子、井上ひさし、小森陽一、高橋哲哉などの日本の作家、学者の著述が収められており、中国人が日本で起きている大きな変化や日本の右翼が庶民の心を捉えることはできていないこと、平和を願う庶民の声などを理解する助けとなる。人民日報海外版が報じた。

日本が戦争を永久に放棄し戦力を保持しないと定めた第9条を含む日本国憲法の改訂を阻止するために、日本の護憲派の作家9人で2004年に結成された「九条の会」など、日本には戦争に備えて軍事力を拡大することに反対する平和的な勢力が終始存在しており、日に日に声を高めている保守的な右翼勢力とたゆまず戦っている。

「九条の会」は現在、100万人以上の会員を抱えている。しかし、正義のための彼らの戦いは、中国ではほとんど知られていない。今回刊行された翻訳集は、中国の読者が彼らの声を理解する窓口となるだろう。

ノーベル文学賞受賞作家である大江健三郎が執筆した、アメリカ軍の基地が数多くある沖縄に目を向け、本土とは、日本人とはなにかを見つめなおす「沖縄ノート」、「九条の会」のメンバーが右翼勢力に提訴された状況を記した「記録・沖縄『集団自決』裁判」、井上ひさしの広島の原爆をテーマにした反戦戯曲「父と暮らせば」、思想史研究者・子安宣邦の日本の近代民俗や文化、中国文化の研究に立脚し、精神的な角度から思想と態度の変化を分析する「日本近代思想批判」、大江健三郎ら著名な左翼支持者の講演や談話をまとめた「いま、憲法の魂を選びとる」などの作品は、「あまり知られていない正義」の声を代表している。そこには、歴史を反省し、民族の精神を探求し、庶民の生活を紐解く正義が詰まっている。(提供/人民網日本語版・編集KN)