『ボク、運命の人です。』 (C)NTV

写真拡大

GWで思う存分遊んだ人にとっては、今週末くらいは映画やドラマを観ながら大人しく過ごそうと思っているところではないだろうか。そこで、5月3日〜9日のHulu週間ランキングから人気の作品をピックアップ。

亀梨和也の最初の印象は松岡修造!?

ランキング集計時は連休真っ最中だったこともあり、見逃していたドラマを一気見!という人も多かったと思うが、8年振りに新シーズンがスタートしたばかりの『プリズン・ブレイク』が相変わらず圧倒的な強さを見せ、1位をキープ。とはいえ、『フランケンシュタインの恋』のような日本の新作も健闘しており、総合ランキングのトップ10では現在5作品の国内ドラマがランクイン。ドラマから映画化された『THE LAST COP/ラストコップ』(現在公開中)や『兄に愛されすぎて困ってます』(6月30日公開)は映画公開に合わせて注目度が高まっているので、さらに上位へあがってくると見られる。

なかでも、『ボク、運命の人です。』が2位にランクインしており、他作品より一歩リード。本作は、亀梨和也と山下智久が『野ブタ。をプロデュース』以来、約12年ぶりのタッグを組んでいることでも話題となっている。さらに、主題歌も2人が担当しており、ヒロインの木村文乃とともに披露しているボク運ダンスが、第二の恋ダンスとなれるのかも気になるところだ。

また、3位の『母になる』も注目が集まっているだけに、今後1位に躍り出る可能性は十分に秘めている。主演の沢尻エリカの熱演はもちろんだが、『八日目の蝉』以降すっかり実力派といわれるようになった小池栄子との演技バトルも見どころとなっているようだ。はたして、来月以降もトップ10に残り続けるドラマはどの作品になるのか、国内外ともに目が離せない。(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 5月3日〜9日の週間ランキング/総合】
1位『プリズン・ブレイク』
2位『ボク、運命の人です。』
3位『母になる』
4位『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』
5位『フランケンシュタインの恋』
6位『兄に愛されすぎて困ってます』
7位『THE LAST COP/ラストコップ』
8位『名探偵コナン』
9位『マツコ会議』
10位『有吉反省会』