12日、中国の女優ファン・ビンビンのような顔を手に入れるため、女性タレントが5回目の整形手術に挑み、手術前後の写真を公開した。

写真拡大

2017年5月12日、中国の女優ファン・ビンビン(范冰冰)のような顔を手に入れるため、女性タレントが5回目の整形手術に挑み、手術前後の写真を公開した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

女性が選ぶ「なりたい顔」ランキングでは必ず上位に入る美人女優ファン・ビンビンだが、その顔により近付くため、女性タレントの白羽(バイ・ユー)がこのほど整形手術に挑んだ。なお、白羽が整形手術を受けるのは10年前が最初で、今回は5回目になる。

子供の頃から歌やダンスが好きだったという河南省出身の白羽は、もともと地元の学校でダンスを教えていた。ある時、人から「ファン・ビンビンに似ている」と言われたことで、当時その主演ドラマ「武則天 -The Empress-」でスタント女優を探していることを知り、オーディションに参加したという。

街中でたびたびファン・ビンビンと間違えられるようになり、「もっと彼女に似たい」と目標に掲げるようになった。昨年7月には“そっくりさん”としてバラエティー番組に出演し、それをきっかけに芸能事務所と所属契約を交わし、芸能界入りしている。

白羽によると現在は、ただの“そっくりさん”ではなく、様々な特技を持つタレントを目指している。目標はファン・ビンビンの顔、女優ジョウ・シュン(周迅)の声、女性歌手ジョリン・ツァイ(蔡依林)のダンスの技量を手に入れることだという。(翻訳・編集/Mathilda)