“映画共演”クァク・ドウォン&チャン・ソヨンが破局…2年の交際にピリオド

写真拡大

俳優クァク・ドウォンと女優チャン・ソヨンが破局した。

2人は最近恋人関係を整理し、交際2年で別れることを決めた。

破局の原因はハードなスケジュールだ。クァク・ドウォンは映画「特別市民」で、チャン・ソヨンは映画「家族」で忙しい毎日を過ごしている。それぞれのスケジュールで忙しい2人は自然と疎遠になり、恋人から互いの今後を応援する同僚に戻ることを決めた。

クァク・ドウォンとチャン・ソヨンは映画「哭声」で夫婦として共演し、出会った。2人は2015年7月に熱愛を認め、公開恋愛を始めた。数回の破局説もあったが、その度に噂に過ぎないと一蹴し、恋人関係であると話してきた2人が、結局破局した。

2人の縁はMBC「ラジオスター」で始まった。当時、番組でチャン・ソヨンは「好きな男性がいるが、片思いだ。その人も私が好きなのを知っている。受け止めてほしい。私が積極的なので嫌われているようだ」と告白し、話題となった。

その後、2人は恋人関係に発展し、隠すことなく公開デートを楽しんだ。しかし、世間の過剰な関心やハードなスケジュールなどで残念ながら破局に至るようになった。

クァク・ドゥォン「チャン・ソヨンとの破局は事実無根…順調に交際中」