11日、RFI中国語版サイトは記事「中国が招待、一帯一路沿線国の首脳が万里の長城に集結」を掲載した。中国との協力を深めようと世界各国の首脳、代表団が北京市に集まっている。写真は一帯一路フォーラムの会場。

写真拡大

2017年5月11日、RFI中国語版サイトは記事「中国が招待、一帯一路沿線国の首脳が万里の長城に集結」を掲載した。

今週末、北京市郊外で「一帯一路フォーラム」が開催される。習近平(シー・ジンピン)政権の主要政策である、アジアとヨーロッパをつなぐ巨大経済圏「一帯一路」の協力について協議する方針だ。

中国共産党は今回のフォーラムを習近平外交の成果として大々的に打ち出す構えを示している。巨額のインフラ建設資金の提供を発表することが確実視されており、中国との関係を深めようと世界各国の首脳、代表団が北京市に集まっている。このビッグイベントに28カ国の首脳が訪中。また130以上の国から代表団が参加する。(翻訳・編集/増田聡太郎)