5月病を回避! いま聴くべきおすすめの「リフレッシュソング」5選

写真拡大

 


ゴールデン・ウィークが終わり、梅雨シーズンに入るこの時期。

一般的に心配される特有の病といえば「5月病」。

 

6daa533b93c3cd79271d594efb3308e7_s

 

「なんだかやる気が出ない」

「気分が落ち込む…」

 

そんな時は、音楽でテンションをあげていきましょう!!

 

というわけで、109ライターのみんなにおすすめのリフレッシュソングを教えてもらいました♪

 

5月病対策にぜひご活用ください^^

 

 


■「summer RIDER」/E-girls

 

 

 

 

ハッピー&爽やかさあふれる楽曲と、カラフルな衣装&パワフルなダンスでPVからも元気がもらえると大人気!


 

「もうすぐ楽しい夏が来るぞ♪ 的な感じで気持ちを切り替えられる!」

(LIZ LISA・佐藤未来さん)

 

 

 

■「やさしさで溢れるように」/JUJU

 

 

 

 

近年、某映画の主題歌としてFlowerがカバーし、人気再燃中のロック・バラード。

メロディのよさは去ることながら、前向きな歌詞にも注目です!

 

「しっとりしたメロディの中にも、歌詞がポジティブで元気づけられます」

(KOL ME BABY・仁藤菜々美さん)

 

 

 

■「サイレントマジョリティー」/欅坂46

 

 

 


“自分らしく生きる”というメッセージ性のある楽曲と、力強いダンスに勇気づけられること必至です!

 

「疲れ気味の時こそ、無理に明るい曲を聴くよりも、ちょっと暗めな曲が◎。世界観に思いっきりひたって気分を切り替えたい」

(ブロガー・高井香子さん)

 

 

 

■「THAT XX」/G-DRAGON

 

 

 

 

優しい曲調と歌声がポイント。G-DRAGONが一人二役を演じているPVにも注目です。

 

「曲のテンポと独特の声に癒されます♡」

(one spo・茂木比奈乃さん)

 

 

 

■Talking To The Moon/Bruno Mars

 

 

 


高橋一生さんと長澤まさみさんのdTVのCMソングとしてもおなじみの楽曲。

スケールが壮大なので、今の悩みや辛さも小さく思えるかも◎

 

「ジャスティン・ビーバーやエド・シーラン、テイラー・スウィフトなど、基本は洋楽派です。中でもブルーノ・マーズのこの楽曲は、優しくて熱くて気分転換にぴったりだと思います!」

(アーティスト・ザバット麗子さん)

 

 


体が疲れたらしっかり休むことはもちろん大切ですが、「なんとか乗り切らないと!」という時には、ぜひみんなのリフレッシュソングも参考にしてみてください♪

自分の気持ちがアガる音楽を準備して、サラッと5月病を回避しちゃいましょう♪