今季2度目の予選落ち濃厚…、イ・ボミは“77”と振るわず(撮影:村上航)

写真拡大

<ほけんの窓口レディース 2日目◇13日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,308ヤード・パー72)>
前日の悪天候のため競技順延となった国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」の第2ラウンド。2014年から大会2連覇も経験している賞金女王、イ・ボミ(韓国)が1バーディ・6ボギーの“77”とスコアを5つ落とし、トータル8オーバーでフィニッシュ。暫定順位は78位タイと、今季2度目の予選落ちが濃厚となっている。
シネ、ボミらベストドレッサー対決も熱い!2日目のLIVEフォト配信中!
前半をノーバーディ・4ボギーで折り返したボミは、後半11番でこの日初のバーディを奪ったが、その後も2つのボギーを叩くなど、浮上のきっかけとはならず。2日間で奪ったバーディはわずか“2つ”と終始スコアメイクに苦しんだ。
また、同組で回ったセクシー・クイーンことアン・シネ(韓国)も大きくスコアを落とし、トータル13オーバー102位タイと厳しい状況に立っている。
トータル6アンダー単独首位に鈴木愛、2打差2位に酒井美紀、3打差3位タイに川岸史果、ささきしょうこがつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

最新写真続々追加!話題沸騰のアン・シネ特選フォトギャラリー
日本プロリアルタイム速報 3日目のリーダーボードはこちら
イ・ボミが2013年以来3年4か月ぶりの予選落ち 最後はペナルティ
3年4か月ぶり予選落ちのイ・ボミ 最終ホール罰打はどう起こった?
人気女子選手を丸裸に!「注目プロ名鑑」