岩尾がラストプレーで起死回生ゴール! 徳島が土壇場で追いつき岐阜とドロー《J2》

写真拡大

▽13日、明治安田生命J2リーグ第13節の徳島ヴォルティスvsFC岐阜が鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。

▽前節ファジアーノ岡山に敗れた徳島と、前節大分トリニータに1-2で敗れた岐阜の対戦。徳島はスタメンを3名変更。小西、島屋、内田に変えて、山粼、石井、馬渡を起用。馬渡は第10節のジェフユナイテッド千葉戦でボールボーイへの暴力行為を働いて受けた出場停止処分から復帰した。一方の岐阜は、スタメンを1名変更。難波に変えて風間を起用した。

▽試合は徳島が最初に決定機を迎える。8分、前川のパスを受けた渡がボックス中央からダイレクトシュート。しかし、これはGKビクトルがファインセーブを見せる。

▽徳島は13分、FKからカルリーニョスが直接豪うも枠外に。14分にはボックス内で前川がこぼれ球をシュート。しかし、これも枠を外してしまう。

▽岐阜はシシーニョを中心として攻勢をかける。19分、シシーニョの展開からパスを受けた田中がボックス手前右からシュート。しかし、これはDFがブロック。20分にはシシーニョのパスを受けた風間が、ボックス中央からボレーも枠を越えていく。

▽徳島は38分、山粼がグラウンダーのクロスを送ると、ボックス中央でパスを受けた前川がシュート。しかし、DFが身体を張ってブロックする。さらに40分、こぼれ球を杉本がボックス中央から狙いすましてシュートも、僅かに右に外れる。

▽ゴールレスで迎えた後半、立ち上がりは徳島が主導権を握る。48分、ボックス内左でドリブルを仕掛けた馬渡がシュートも、GKビクトルがセーブ。49分にはCKからヴァシリェヴィッチがヘディングシュートも、枠を外す。

▽57分には、カルリーニョスが得意の左足でミドルシュート。しかし、これもGKビクトルがセーブする。

▽岐阜はパスを繋いで攻撃の形を作っていくも、ラストパスの精度がなく、決定機を作り出せない。

▽徳島は74分、ショートコーナーからのクロスをファーで石井が頭で落とすと、杉本が詰めるもわずかに届かず、ゴールを奪えない。

▽83分、左からのグラウンダーのクロスをDFがブロック。しかし、このこぼれ球をボックス内左で永島が左足一閃。GK梶川の手を弾いたボールがラインを越え、岐阜が先制する。

▽土壇場で先制を許した徳島だったが、終了直前にドラマが待っていた。後半アディショナルタイム4分、ボックス内右で仕掛けた馬渡がグラウンダーのクロス。これはDFがブロックも、こぼれ球を岩尾が蹴り込み、徳島が土壇場で追いつく。そしてそのまま試合終了。1-1のドローに終わった。