赤いブツブツが顔にできたら

写真拡大

「酒(しゅ)さ」という、顔が赤くブツブツと荒れる病気があるのをご存じだろうか。いわゆる「赤ら顔」になるのが特徴で、よくアトピー性皮膚炎と間違われるが、女性に多い病気だ。

原因は不明だが、お酒をたしなむ女性がなりやすいことが最新研究でわかった。中でも特によくないのが白ワインとウィスキー、焼酎などの蒸留酒だ。

顔に赤いブツブツ、ピリピリと痛む

医療法人社団清優会「はなふさ皮膚科」のウェブサイトを見ると、「酒さ」についてこう説明している(要約抜粋)。

「酒さは、中高年女性に多くみられます。ほほや額などにほてりや赤みが出て、ピリピリとした刺激が続きます。敏感肌をともなうこともあります。繰り返す顔のほてりと発赤によって発症し、徐々にニキビに似た発疹も出てくることがあります。症状が長引くと鼻瘤(だんご鼻)を形成することもあります。紫外線や飲酒、寒暖の差、刺激物を食べることなどで悪化します」

原因は分かっていない。毛穴にすむニキビダニや毛細血管の拡張、慢性的な化粧品かぶれなどの可能性が指摘されている。自宅でのスキンケアだけで改善することは見込めないため、専門医の受診が必要だ。いずれにしろ、過度の飲酒や熱い食べ物、刺激の強い嗜好品の摂取は控え、紫外線などに気をつけることが必要だという。

ところで、飲酒の場合はどんなお酒に気をつければよいだろうか。米国皮膚科学会の研究班が米国科学アカデミー紀要「JAAD」(電子版)の2017年4月20日号に、アルコールの摂取量と酒さの発症リスクを調べた研究成果を発表した。

論文要旨によると、研究班は米国の健康調査の中でも最もデータが充実している米国看護師健康調査の中から8万2737人の女性を対象に分析した。1991〜2005年の14年間で4945人(6.0%)が酒さと診断された。飲酒量と発症リスクを比較すると、お酒を飲む量が多い人ほど酒さになるリスクが高かった。

白ワインとウィスキーが危険、赤ワインはいい?

飲むアルコールの種類別に比較すると、特に白ワインとウィスキーなどの蒸留酒が発症リスクを高めることに関係していることを発見した。赤ワインは、統計上、発症リスクにはまったく関係がなかったという。

研究チームのアブラ・クレッシュ博士は、こうコメントしている。

「飲酒が酒さの発症を高めるのは、アルコールが免疫力を弱め、血管を拡張させることで、肌の発赤や発疹を引き起しているからだと考えられます。赤ワインは、これまで酒さの引き金になるのでは考えられてきましたが、豊富に含まれているポリフェノールやフラボノイドの抗酸化力が発症を防いでいる可能性があります。一方、白ワインや蒸留酒はアルコール濃度が高いうえ、フラボノイドなどを含んでおりません」

ただし、クレッシュ博士は赤ワインを勧めているわけではない。ヒスタミン(花粉症の原因物質の1つ)なども含まれており、肌が紅潮する原因にもなるから、「酒さと思われる症状が出ている人は、(赤ワインも含め)アルコール類を制限して皮膚科専門医を受診してほしい」と呼びかけている。