世界中が注目のマクロン次期大統領

写真拡大

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、世界中の注目を集めるフランス次期大統領のマクロン氏とブリジット夫人を考察。

 * * *
 最年少でフランス次期大統領への就任が決まったエマニュエル・マクロン氏。同時に、25歳年上のファーストレディが誕生した。選挙期間中から注目されたブリジット夫人は、マクロン氏の高校の恩師で、当時は既婚で3人の子持ち。それでも純愛を貫くマクロン氏とついに結婚。

 フランスでは、そんな彼女への好感度は高いらしいが、他国の反応は案外、冷ややか。日本なら熟女好きかと揶揄する一方で、「ありえない!」という人もいるだろう。

 だがそこは恋愛大国といわれるフランス。勝利宣言を行ったルーブル美術館前の広場では、支持者たちから「ブリジット!」の声が響いていたほど人気者。ということで、その存在がマクロン氏のイメージアップにつながったといわれる理由を考えてみた。

 二人はこの関係を選挙にうまく利用した。オランド政権の前経済相ではあるものの、既存政党に所属していなかったマクロン氏が人々の関心を集めるには、売れない芸能人の売名行為じゃないが、スキャンダラスな香り漂う恋愛関係を話題にするのが一番の早道。

 それにはブリジット夫人を前面に出す必要がある。だけど、略奪愛に歳の差婚で関心を集めるだけでは、ゴシップネタで終わるのがオチだ。反感をもたれては選挙戦に逆効果、認知度と好感度アップが必須になる。そこで重要なのがブリジット夫人の見た目や振る舞い、仕草だ。ドラマじゃないが、“人は見た目が100パーセント”なんだから。

 ファーストレディとなる夫人がどんな人か、人々の前でどのように振る舞い、夫に対してどんな仕草や行動を見せるかが、マクロン氏人気を左右するカギだ。

 当然、ブリジット夫人は人々から好かれなければならない。64歳とは思えないプロポーションとファッションは、若い年下夫のためだけではないのだ。ブリジット夫人がたるんだ身体に地味で老けた服を着ていたら、マクロン氏の手腕や人間性を見ることなく、マニアックな趣味と幻滅しか感じなかっただろう。

 少々若作りで痛い感じもするが、ブリジット夫人が整形もせずナチュラルな笑顔で颯爽と現れ、堂々と振る舞い「フランス流大人のいい女」を演出することで、マクロン氏は純愛を貫いたロマンチックな男性とされ、二人の結婚も肯定的に受け入れられたのだ。

 さすがに水着姿はやり過ぎな気もするが、ブリジット夫人の露出が多くなり、好感度がアップすればするほど、彼女のような成熟したいい女が、愛情を注ぎ大統領にしようとしている相手なら間違いないかも、と人々に思わせることができるというわけ。

 二人が絶えず手をつなぎ、時には抱きしめ、頬にキスすることで、マクロン氏が人々にとって愛すべき好ましい人物に見えるよう印象づけているのだ。

 特に歩いている最中に撮られた何枚かの写真を見ると、二人の気持ちがお互いに寄り添い、いかに息が合っているかがわかる。マクロン氏とブリジット夫人の歩調がぴったり合っているからだ。これは「ミラーリング」といい、無意識のうちに相手の動作に同調することで、相手を信頼し、気持ちをひとつにできるものだ。

 何気なく手をつなぎ歩いているのだが、歩幅や調子がぴったり合っているため、とても仲良く自然に見える。このミラーリングと彼女の仕草や振る舞いが、若く政治経験の浅い次期大統領を信頼に足る優秀な人物に見せることに一役買っているのだ。ブリジット夫人といることで、マクロン氏には「成熟した空気が漂う」としたCNNのコメントがいい例だ。

 とはいえ、同調するだけでなく、このミラーリングには順位がある。上に立つ人の仕草や振る舞いを、下の人が無意識に真似るといわれているのだ。クリントン夫妻の場合、ヒラリー夫人の仕草をクリントン氏が真似する様子が度々見られたし、トランプ大統領夫妻の場合は、トランプ氏の動きにメラニア夫人が合わせ、いつも一歩後ろで控えている印象だ。

 マクロン氏の場合、ブリジット夫人の歩調にマクロン氏が合わせているようだ。そのためか、ブリジット夫人の足や肩がほんのわずか、マクロン氏より前に出ていることも多い。前に出るだけでなく、先に人々に向かって手を上げて応えたりもする。

 さすが年上女房、家庭での主導権は彼女が握っているのだろう。マクロン氏はそんな彼女を尊重するかのように、自分が同調して彼女を引き立てる。しかもこの同調は、妻を大切にする夫、女性を尊重する男性というプラスの要素をマクロン氏に持たせることにつながる。

 さて、妻を大切にし、ロマンチックなエピソードを持つ若くて優秀な夫がモテないわけがない。さすがのブリジット夫人も、大仰に構えているだけでは安心できないのだろう。実は彼女、「彼は私のもの」という所有権をしょっちゅうアピールしている。

 手をつなぎ、肩に手を回し、背中に手を置き、顔や身体を寄せる。これらは仲がいいから、愛すべき人に見せたいからだけでなく、彼は私のものだと周囲にわからせるための仕草にほかならない。夫に悪い虫がつかないよう、絶えず目を配る──年上のファーストレディも、それなりに大変ってことだ。