ヌードデッサン会のモデルの実態とは

写真拡大

 女性の裸を凝視して、キャンバスに描く──そんな「ヌードデッサン」の世界で、モデルに向いている女性たちはどんな人なのか。ヌードモデル専門の事務所「f-studio」の社長に、ヌードモデルの世界の内情を聞いた。

◆ヌードモデルの派遣依頼はどこから来るのか

「画家さんや写真家さんなどの個人依頼が多いです。そのほか、美術系の大学や専門学校のデッサン授業だったり、美術本や医療関係の書物を作る出版社からも依頼があります。珍しいところでは、乳がん検診の機械の使い方を教える講習会への派遣依頼が毎年あります」

◆やはり「顔が美人」のモデルの方が人気なのか

「顔よりも体を描いたり撮ったりする依頼が多いので、重要視されるのは体型です。特に細身のモデルが人気ですね。まあ、それでも弊社のモデルはみんな美人ですよ(笑い)」

◆女性たちを巡っての「トラブル」はなかったのか

「モデルが派遣先の画家さんと個人的にやり取りをして仕事を受けてしまった上に、男性がストーカー化してしまったことがあります。モデルから相談されて発覚しました。

 先方と話し合って解決しましたが、その後、その画家さんからの依頼はなくなり、モデルも辞めてしまった。それ以外はトラブルといえるものは特にありませんね」

※週刊ポスト2017年5月19日号